日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > おっさんずラブ公式投稿全削除

おっさんずラブ前編なかったことに!? 公式インスタ『武蔵の部屋』投稿全削除で視聴者から怒号

テレビ朝日公式サイトより

 11月2日にスタートするテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ -in the sky-』(シーズン2)で吉田鋼太郎が演じる黒澤武蔵が運営しているという設定の公式インスタグラム「武蔵の部屋(musashis_room )」が波紋を呼んでいる。

 2018年4月から6月に放送された『おっさんずラブ』シーズン1の主要キャスト名を引き継ぎつつも、設定を大幅に変更したことで、OL民と呼ばれる作品のファンから批判を受けている『おっさんずラブ -in the sky-』。今回波紋を呼んでいる「武蔵の部屋(musashis_room )」は、あくまでもシーズン2に登場する黒澤武蔵のアカウントだが、元々はシーズン1の黒澤武蔵のアカウントとして登場したものだ。

 しかし、シーズン2が開始するにあたって、シーズン1放送時の投稿を全削除。まるでシーズン1をなかったことにするかのようであると、OL民たちは憤慨している。

「この『武蔵の部屋』は、黒澤武蔵が想いを寄せる春田創一(田中圭)を撮影した写真を投稿するアカウントとして、シーズン1放送時から好評だった。このアカウントをきっかけに、作品にファンになった人も多いと言われているほど、シーズン1のファンにとっては大切なアカウントなんです。それなのに、シーズン2が始まるからといって、過去の投稿を削除するというのは、まさにシーズン1のファンに対する裏切り行為。ただでさえシーズン2での設定変更が叩かれているなかで、わざわざシーズン1を否定するかのような行為に出る制作サイドの気がしれないですね。まるでOL民を煽っているかのようにも見えます」(テレビ局関係者)

 シーズン2の黒澤武蔵はシーズン1とは別人ということであれば、新しいアカウントを作ればよかっただけにも思えるが……。

「元々『武蔵の部屋』には52万人のフォロワーがいるので、それを引き継ぎたいということだったのでしょう。たしかに、それだけたくさんのフォロワーがいれば拡散力も強いし、宣伝効果も高い。そのメリットを狙っていたのだと思います」(同0

 さらに、タイアップが関係しているとの深読みもできるという。

「シーズン2はLCCの職場が舞台となっており、実在するLCCであるPeachが全面的に協力しています。Peachとしては『おっさんずラブ』を通じて自社の宣伝をしたいわけであり、公式のインスタグラムを活用するなら、新規アカウントではなく、52万人のフォロワーがいるアカウントの方がいい。タイアップの条件に、既存の『武蔵の部屋』アカウントを受け継ぐという可能性もあるでしょう」(同)

 番組制作的には『武蔵の部屋』のアカウントを引き継ぐことは必要だったのかもしれないが、少なくともシーズン1のファンを蔑ろにしていることは間違いない。OL民にとっては、シーズン2の制作陣に対する不信感が募るばかりで、視聴者ボイコットに繋がりかねない暴挙と言えるだろう。

最終更新:2019/11/01 22:00
こんな記事も読まれています

おっさんずラブ前編なかったことに!? 公式インスタ『武蔵の部屋』投稿全削除で視聴者から怒号のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真