日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『バチェラー3』はなぜ荒れた?

『バチェラー3』はなぜ荒れた? 友永真也の不可解な言動を振り返る!

文=日刊サイゾー

『バチェラー・ジャパン』

 昨年9月から配信されたAmazon Prime Videoの人気リアリティショー『バチェラー・ジャパン』シーズン3。女性20人がひとりのハイスペック男性(バチェラー)を奪い合うという婚活サバイバルなのだが、シーズン3のラストは衝撃の展開となった。

 3代目バチェラー・友永真也氏はフランス育ちで、父と兄は医師。自身は貿易会社を経営するイケメン。当初は”歴代No.1バチェラー”との呼び声も高かったが、たびたび女性たちにむちゃぶりしたり、”友永構文”といわれる独特な言い回しに注目が集まるなど、徐々に素がバレ始め……。さらに、第一印象から気に入っていたぶどう農家手伝い・恵にアタックするも、最終ジャッジ前に振られ、結局、元北新地のホステス・あゆみにローズを渡してカップルに。しかし、「恵が忘れられない」と、わずか1カ月で破局。エピローグでは晴れて恵とカップルになって登場するという、大どんでん返しを見せた。

 番組のコンセプトを根底から揺るがすこの展開をめぐっては、ネット上で賛否両論を巻き起こしたが、年末年始のこのシーズン、すべてを踏まえた上であらためて番組を見ると、違った面白さがあるかも?

***

【第1~2話】『バチェラー3』は悪魔だらけ? 大本命のプロ彼女っぽさ、壮絶な過去の告白に漂う計算臭

【第3~5話】『バチェラー3』本妻気取りの大本命・ぶどう農家の闇落ちを謀った、IT企業OLの策略

【第6~7話】『バチェラー3』盛り上がりすぎたバチェラーと大本命による”疑似初夜”にドン引き!

【第8~9話】『バチェラー3』正気を失ったバチェラーが家族にキレまくる神回を振り返る

【第10話&エピローグ】『バチェラー3』を根底から揺さぶった戦犯の心模様とは? 「史上最強に悪魔だらけ」の前評判は本当だった!

 

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/03 16:00

『バチェラー3』はなぜ荒れた? 友永真也の不可解な言動を振り返る!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

【試し読みあり】失恋×グルメガイド

 3月に刊行されたコミック『失恋めし 京都・奈良・大阪・神戸編』(KADOKAWA)...
写真