スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【2】

落ち目な今こそアメリカにはアジア系大統領が必要! “マイノリティの代弁者”が自虐ネタに打ち勝つ日

文=Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

2020年の大統領選でアジア系の民主党候補が浮上の背景

 2020年の大統領選で民主党の候補にアジア系のアンドリュー・ヤンが浮上、というニュースが昨年流れてきたし、あながちジョークでもないかもしれない。

 歴史的に見れば、これまでアメリカの多くのエスニック(マイノリティ)コメディアンが自身の人種がまとうステレオタイプを自虐し笑いに変えてきた。つまり身体的特徴や、時に不名誉なイメージをもジョークにしてしまうことで笑い飛ばそうというものだ。露骨な差別も残っていた時代、たとえ辛い現実でも笑いに昇華することでそのステレオタイプさえも打破しようとする先人たちの努力だろう。私自身も舞台に立つ中で、”そのようなネタ”が容易に笑いを生むことは肌で感じてはいたが、その一方でどこか違和感を覚えずにはいられなかった。おそらく私を含めた幾多のコメディアンたちが、ステレオタイプを自虐することが、状況の打破に繋がるどころか、やみくもに助長しているに過ぎないのではないかという疑問と長らく戦ってきたに違いない。

 その点、ロニーの言葉からは、陳腐な自虐よりむしろ、自身が「アジア人」であることに誇りを持ち、その上でアメリカという国をも笑い飛ばしてやろうという気概と強い意志が伝わってくる。この姿勢こそ、「ダイバーシティ」が叫ばれ、誰もが本来イキイキと生きられるようになった(はずの)今日、マイノリティのコメディアンに求められている「新時代」の在り方なのかもしれない。

 本作のタイトルの”Destroy”には「壊す」という意味の他に「爆笑の渦に包む」という意味がある。力強い言葉で「移民」「アジア人」ひいては「マイノリティ」の代弁者としてアメリカをまさに”Destroy”する新たなスターの誕生を見た気がした。

ロニー・チェン
マレーシア出身のコメディアン。オーストラリアでキャリアをスタートさせる。人気ニュース風刺番組『ザ・デイリー・ショー』でコーナーを担当するなどアメリカでも人気急上昇中。

”Asian Comedian Destroys America!”
移民としてアメリカに渡ってきたロニー・チェンがアジア人の視点から社会の矛盾を語り尽くし、“アメリカをぶっ壊す“意欲作。

 

Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

米シカゴを拠点に活動するスタンダップコメディアン。年間300本以上のステージに立ち、米以外でもこれまで10カ国以上で公演をしており、2018年にはワールドツアーを敢行。各国で開催されるフェスにもヘッドライナーとして多数出演。日本ではフジロックやビルボードに出演。

Instagram:@saku_yanagawa

【Saku YanagawaのYouTubeチャンネル】

最終更新:2020/01/30 12:12
12

落ち目な今こそアメリカにはアジア系大統領が必要! “マイノリティの代弁者”が自虐ネタに打ち勝つ日のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

青木真也×cherry chill will

 去る10月13日(日)、両国国技館にて開催された格闘技の祭典『ONE: CENTU...
写真