日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > TOKIOでの孤立感で長瀬退所

メンバーは音楽活動に情熱なし!? 長瀬智也をジャニーズ退所へ向かわせた“TOKIOでの孤立感”

文=日刊サイゾー

TOKIO・長瀬智也

 関ジャニ∞のメンバーである渋谷すばるが昨年、同じく錦戸亮が昨年に脱退・退所し、先日、元SMAPの中居正広が3月いっぱいでの退所を発表し激震のジャニーズ事務所だが、「週刊文春」(文藝春秋/3月5日号)が、TOKIOの長瀬智也が来年4月以降に退所することを報じた。

 TOKIOといえば、2018年5月、女性問題を起こした元メンバーの山口達也が退所。その影響でデビューした1994年から17年まで続いたNHK紅白歌合戦への連続出場記録が24回でストップ。さらに、昨年は25周年のメモリアルイヤーだったにもかかわらず、CDの発売もライブ活動もなかった。

「ベースとボーカルをつとめていた山口はバンド活動の要のような存在だった。もともと、CDを出してもそれほど売れるわけではなく、メンバーそろって毎週2本のレギュラー番組を収録する以外は個々の活動をこなしているので、音楽活動をしなくてもメンバーたちは稼ぐのに困らない状況でした」(音楽業界関係者)

 しかし、長瀬だけは音楽活動に対し並々ならぬ情熱を持っていた。同誌によると、TOKIOにも解散説が浮上し、事務所に不満を抱く長瀬はすでに事務所に退所の意向を伝えているというのだ。

12

メンバーは音楽活動に情熱なし!? 長瀬智也をジャニーズ退所へ向かわせた“TOKIOでの孤立感”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

志村けん、プライベートの素顔

 昭和のテレビ界を席巻したザ・ドリフターズの...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真