日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > マヂカルラブリーが躍進か

ポスト千鳥の大本命!? 野田クリスタルの“R-1優勝”でマヂカルラブリーの躍進待ったなし

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 新型コロナウイルスの影響で無観客での実施となった『R-1ぐらんぷり2020』の決勝戦(3月8日、フジテレビ系で生放送)は、お笑いコンビ・マヂカルラブリーのボケ担当・野田クリスタルが優勝を飾った。マヂカルラブリーとして『M−1グランプリ』と『キングオブコント』の決勝戦にも進出している野田は、史上初のM-1、KOC、R-1の3大会ファイナリスト。そして、ついにR-1にて初の栄冠を勝ち取った。

「マヂカルラブリーというと、2017年のM-1グランプリで上沼恵美子さんに酷評され、最下位になったイメージが強いですが、劇場では結成当初からセンスに溢れたコンビであると評価は高かった。オリジナリティーが強く、ぶっ飛んだネタが多いので、賞レースでは良いところまで行ってもなかなか結果が出なかったんですが、R-1で優勝して、やっと世間にもそのすごさが伝わっていくでしょう」(劇場関係者)

 野田クリスタルは、高校生時代に同級生とコンビを結成し、TBS系『学校へ行こう!』に出演。当時から天才肌だと言われていたという。その後、数人の相方とコンビを組んだり、ピン芸人になったりしつつ、活動を継続。そして、07年にツッコミの村上とマヂカルラブリーを結成した。

「突拍子もない行動を取る野田に、村上が困惑し続けるというのが、ネタの大きなパターン。必ずしも万人受けするようなキレイなネタではなく、野田の独創性でグイグイ引っ張っていくタイプです。ハマる人にはハマるんですが、そうではない人にはなかなかハマらない。好き嫌いが分かれるコンビなのは間違いありません」(構成作家)

12

ポスト千鳥の大本命!? 野田クリスタルの“R-1優勝”でマヂカルラブリーの躍進待ったなしのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真