日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > マヂカルラブリーが躍進か

ポスト千鳥の大本命!? 野田クリスタルの“R-1優勝”でマヂカルラブリーの躍進待ったなし

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 新型コロナウイルスの影響で無観客での実施となった『R-1ぐらんぷり2020』の決勝戦(3月8日、フジテレビ系で生放送)は、お笑いコンビ・マヂカルラブリーのボケ担当・野田クリスタルが優勝を飾った。マヂカルラブリーとして『M−1グランプリ』と『キングオブコント』の決勝戦にも進出している野田は、史上初のM-1、KOC、R-1の3大会ファイナリスト。そして、ついにR-1にて初の栄冠を勝ち取った。

「マヂカルラブリーというと、2017年のM-1グランプリで上沼恵美子さんに酷評され、最下位になったイメージが強いですが、劇場では結成当初からセンスに溢れたコンビであると評価は高かった。オリジナリティーが強く、ぶっ飛んだネタが多いので、賞レースでは良いところまで行ってもなかなか結果が出なかったんですが、R-1で優勝して、やっと世間にもそのすごさが伝わっていくでしょう」(劇場関係者)

 野田クリスタルは、高校生時代に同級生とコンビを結成し、TBS系『学校へ行こう!』に出演。当時から天才肌だと言われていたという。その後、数人の相方とコンビを組んだり、ピン芸人になったりしつつ、活動を継続。そして、07年にツッコミの村上とマヂカルラブリーを結成した。

「突拍子もない行動を取る野田に、村上が困惑し続けるというのが、ネタの大きなパターン。必ずしも万人受けするようなキレイなネタではなく、野田の独創性でグイグイ引っ張っていくタイプです。ハマる人にはハマるんですが、そうではない人にはなかなかハマらない。好き嫌いが分かれるコンビなのは間違いありません」(構成作家)

12

ポスト千鳥の大本命!? 野田クリスタルの“R-1優勝”でマヂカルラブリーの躍進待ったなしのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

安倍首相、東京五輪決行の動機

今週の注目記事・第1位「三浦春馬の絶望」(『...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真