日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ダイアン津田の唯一無二のかわいげ

ダイアン津田「この水飲めますよー!」 “上に弱くて下に強い”個性は唯一無二のかわいげ

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

ダイアン津田「この水飲めますよー!」 上に弱くて下に強い個性は唯一無二のかわいげの画像1
吉本興業公式サイトより

 長らく、お笑い界では力量が凸凹の2人で組むコンビが多かった。だからこそ「じゃないほう芸人」という言葉が生まれたのだし、「うなずきトリオ」(ビートきよし、島田洋八、松本竜介)はそのルーツ的存在だ。

 一方、力量が50:50の2人組といえば? パッと思い浮かぶのはとんねるず、ダウンタウン、さまぁ~ずなどだ。ある時期まで、こういうコンビはなかなかにレアだった。

 ただ、昨今は流れが変わった印象。どちらに打順が回って来ても大丈夫、そんなコンビが確実に増えた。中川家、バナナマン、おぎやはぎ、ブラックマヨネーズ、サンドウィッチマン、千鳥、かまいたち、霜降り明星などなど、枚挙にいとまがない。

 では、「どちらをイジっても大丈夫」というコンビになるとどこになる? そうなると、ダイアンの右に出る存在はいないと思うのだ。

上にへつらい、下に厳しい津田に「ピエロが乗る玉を選ぶな」

 6月26日、7月3日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)にて、2週にわたり恒例企画「バカヤロウ徒競争」が行われた。スタート直前にゲストを怒らせるコントを披露し、それを見た芸人が怒りの力でどれだけ速く走れるかを競うという趣旨である。

 ここにダイアンは参加した。今回、主にターゲットになったのはユースケのほう。「お笑いのセンスはあるけどカリスマ性はない」というイジられ方を彼はされている。

 では、ツッコミの津田篤宏はどんなイジられ方をされがちか? 6月27日放送『マルコポロリ!』(関西テレビ)に出演した中山功太は、大阪NSC22期の同期生としてダイアンの2人をこんな風に評価した。

「ユースケ君はむっちゃ好きです。僕からしたら(同期では)ユースケ、(とろサーモン)久保田、山ちゃん(南キャン山里)が(才能で)トップレベルやと思います」

「津田はね、上の人にイジられるときは嬉しそうに楽しくやってるんです。でも、芸歴が下の芸人さんにテレビの本番でイジられて、それって当たり前のことじゃないですか? でも、“コロコロチキチキペッパーズがYouTubeと『アメトーーク!』でイジった”って言って詰めてるわけですよ。『お前、何か言うてくれたらしいのう』って。上に行く分にはいいけど、下の芸人に行くのは芸人として一番カッコ悪いと僕は思うんですね。ピエロが乗る玉を選ぶな、クソが!」(中山)

 この「上にへつらい、下に厳しい」という個性が笑いに着地する稀有な存在が津田だと思うのだ。ただの太鼓持ちじゃない。そして、昨今流行りつつある“クズ芸人”(岡野陽一、空気階段・鈴木もぐら、コロチキ・ナダル等)というカテゴリーとも少し違う。

12

ダイアン津田「この水飲めますよー!」 “上に弱くて下に強い”個性は唯一無二のかわいげのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真