日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 鳥谷が契約で元ロッテ西岡の立場

鳥谷敬が千葉ロッテと契約で、“球拾い”までした元ロッテ・西岡剛の立場が浮き彫りに

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 去就が注目されていた元阪神・鳥谷敬のロッテ入りが決定。ロッテや阪神などで活躍し、BCリーグからNPB復帰を目指す西岡剛にとっては、年上の元同僚に仕事を奪われる厳しい結果となった。

 思いの外、時間が掛かった入団決定だった。2018、19年と連続して成績が振るわず、阪神から戦力外通告を受けた鳥谷だが、守備も打撃もまだまだ錆びついておらず、若手の見本としての役割も期待できるため、すぐに行き先は決まるものと思われていた。週刊誌のスポーツ担当記者はいう。

「移籍先として早くから名前が上がっていたのがロッテです。鳥谷は井口資仁監督の現役時代に自主トレを一緒に行うなど、かねてより親交が深く、交友関係は20年近くに及びます。ただ、ネックとなったのが“お金”。拾って貰う立場なのに、代理人が金銭面で強気の条件を突きつけたため、ロッテの関係者も一時は『話にならない』とさじを投げましたが、結局年俸1600万円(推定)での契約ですから、鳥谷も身の程を知ったということでしょう」(スポーツ担当記者)

 それでも行き先が決まっただけ、鳥谷はまだマシだ。阪神時代に鳥谷と二遊間を組んだ経験もある西岡は、鳥谷のロッテ入団に際し、「トリさん入団おめでとうございます なぜか他人の事なのに凄く嬉しいです」と、祝福のコメントを出したが、心中は穏やかではないはずだ。

「2018年に阪神をクビになった西岡は、あれほどの実績がありながらトライアウトに参加し、現役への強い執着心を見せましたが、どこからも声は掛かりませんでした。さらに彼は今年、ロッテのキャンプに“練習補助員”として参加し、熱いラブコールを送っていましたが、フタを開けてみれば、古巣が声を掛けたのは元同僚で年上、しかもポジションも同じ内野手の鳥谷でしたから、ショックは大きいでしょう」(同上)

 プロ野球は実力の世界。どのチームも声を掛けないという事実が西岡の現在の立場を象徴しているが、ロッテはなぜ、古巣への復帰を切望する西岡よりも鳥谷を選んだのか? フリーのスポーツライターはいう。

12

鳥谷敬が千葉ロッテと契約で、“球拾い”までした元ロッテ・西岡剛の立場が浮き彫りにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真