日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 夏目三久、低視聴率でも安泰

もはや芸能界の最大タブー!? 夏目三久、低視聴率でも民放3局から降板させられない理由

文=日刊サイゾー

夏目三久

 連日、新型コロナウイルスの感染拡大の話題をテレビ各局のニュース番組や情報番組が大々的に報じている。

 そんな時期に外出を控える人も多く、自然とアップしていると思われるのがテレビ各局の視聴率だが、相変わらず苦戦しているのがTBS系の情報番組『あさチャン!』だという。

「もともと、視聴者がチャンネルを合わせる習慣がなかったのか、なかなか数字が上がりません。そもそも、MCをつとめるフリーの夏目三久アナが視聴率を獲れる人物ではなく、視聴者からも飽きられている。一部では、夏目アナは昨年の同番組の忘年会で視聴率が低迷していることに悔し涙を流したと報道されており、本人が一番、苦境を自覚しているのかもしれません」(スポーツ紙記者)

 それでも、今年中に降板させられる可能性はほぼなさそうだという。

「4月からTBSでは堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』がスタートしますが、同局は今年『半沢直樹イヤー』と盛り上がっています。堺は夏目と同じ事務所で、夏目は事務所のトップに寵愛を受けているので、そのトップの機嫌を損ねたら大変なことになる。夏目は今年いっぱいはTBSから切られることはないでしょう」(同)

12

もはや芸能界の最大タブー!? 夏目三久、低視聴率でも民放3局から降板させられない理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真