日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 日テレ社長の発言に疑問の声

本当に必要!? 日テレ社長「24時間テレビは必ずやる」と息巻くも、業界内外から疑問の声

文=日刊サイゾー

昨年、嵐が司会を務めた『24時間テレビ』公式サイトより

 日本テレビの小杉善信社長が3月23日の定例会見で「『24時間テレビ』はやる予定です」と宣言。小杉社長は続けて「やらないといけないという、我々も使命感を持っておりますので」とまで語ったことで波紋が広がっている。

 新型コロナウイルスの影響により、アーティストのイベント中止が相次ぐなど自粛ムードが漂う中での日テレ社長による発言に「そこまでしてやらなくても」とTV業界関係者の失笑を買っている。日本テレビにも出入りする放送作家は語る。

「視聴率的にもさほど盛り上がりませんし、チャリティマラソンには車移動やギャラ問題といった疑惑が毎回つきまとう。また、2016年に裏番組の『バリバラ』(NHK Eテレ)が『24時間テレビ』は障害者を使った”感動ポルノ”じゃないかという批判を展開したことをきっかけに、SNSでは毎年のように同様の批判が噴出するようになりましたしね。そもそも新型コロナウイルスの感染拡大が不安視される中で本当に必要なのかと、業界どころか視聴者からも疑問に思われている。今まで通りの形で放送するのは限界なのでは」

 すでにネット上では、視聴者からの『24時間テレビ』不要論が数多くあがっている。をそれでも『24時間テレビ』をやる理由はいくつか考えられるという。

12

本当に必要!? 日テレ社長「24時間テレビは必ずやる」と息巻くも、業界内外から疑問の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真