日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 危険にさらされ続ける記者たち

新型コロナ禍で危険にさらされ続けるスポーツ紙のギャンブル担当記者の苦悩

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、各スポーツや芸能のイベントはほぼ開催されていないため、大ダメージを受けているのがスポーツ紙だ。

「本来ならば、プロ野球が開幕している時期なので連日大々的にプロ野球を報じていればよかったが、開幕の見通しさえ立たない状況。メインの記事といえば、スポーツ選手や芸能人の誰々がコロナに感染したとか、誰々がおうちでの楽しみ方を動画で配信したとか、そんな記事ばかりで売れるはずがない」(スポーツ紙デスク)

 そんな中、無観客での開催ながら“平常運転”しているのが、各種公営競技の競馬・ボートレース・競輪・オートレース。各スポーツ紙は以前と変わらずに予想やレース結果に関する記事を掲載。週末の競馬の大きなレースは一面を飾ることがほとんどだ。

「無観客で開催はされているものの、原稿を書くには記者は“リモートワーク”というわけにはいかない直接現場に足を運ばなければならず、感染拡大の渦中だけに常に危険にさらされている。おまけに、自分たちが感染元になってしまえば多大なる迷惑をかけてしまうので、気を使いすぎて倍は疲れている」(スポーツ紙記者)

 今のこの現状では、戦場の最前線に送り込まれているようなものだ。

「どの競技でも、『あの選手がヤバそう』という情報はあるが、各レースの協会はおそらく、感染しても公表する気はないのでは。もし、感染している選手を特定できても、それを書いたらその競技界隈を“出禁”にされることは確実。特に、読者に人気の競馬と、広告の出稿量が多いボートレースから締め出されたら大ダメージを受けてしまう」(同)

 各社とも記者たちに“危険業務手当”を付加してあげたほうがよさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/23 12:12

新型コロナ禍で危険にさらされ続けるスポーツ紙のギャンブル担当記者の苦悩のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真