日刊サイゾー トップ > ライフ  > カップ焼きそば“盛り”キャッチコピーを検証
5000食以上すすったカップ麺ライターがゆく!

カップ焼きそば、“盛り”キャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告ではないか? 疑惑の3商品を検証

文=オサーン

 カップ焼きそば界には「一平ちゃん」や「ペヤング」、「日清焼そばU.F.O.」などの定番ブランドが多く、安定の味を求めて同じ商品を買い続ける人も多いのではないでしょうか。

 しかし、各メーカーは「それホントか?」と思ってしまうような刺激的なネーミングの新商品を世に繰り出し、固定ファンのみならず新規の購入者を獲得しようと躍起です。キャッチーな文言で私たちを魅惑してくる商品名は、盛り過ぎてはいないか。誇大広告がないか、しっかりと検証していきたいと思います。

「一平ちゃん 夜店の焼そば 超濃厚ソース」は、本当に“超濃厚”なのか?

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像1
「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 超濃厚ソース」(230円税込/2020年2月発売)

 ひとつめは、明星食品から2020年2月17日に発売された「明星一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 超濃厚ソース」(230円/税別)。定番カップ焼そばブランドですが、パッケージをご覧いただければ分かるように、この商品では「超濃厚ソース」をこれでもかというほど大々的に謳っていますね。ソースの濃さは通常商品の「123%」で、からしマヨにからし粉が「3倍」入っていることも記載されています。

 もともと濃いめなソースの「一平ちゃん夜店の焼そば」ですが、これは果たして「超濃厚」と言えるほど濃い味になっているのでしょうか。

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像2
いつもよりソースの色が濃い

 濃さ「123%」というソースは、いつもの「一平ちゃん夜店の焼そば」と比べて重量があり、濃度の高いソースが入っていました。量だけではなく味も濃厚で、かなり甘いのも特徴的です。ソースと合わせた麺はいつもより黒ずんでいて、これは味も見た目も確かに「超濃厚」と言って良さそうです。

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像3
練りからしと見紛うからしマヨの黄色

 さらに、からしマヨにはいつもの「3倍」のからし粉が入っているそう。3倍すごいのは赤い機体なのが定説ですが、今回は真っ黄色です。これ、マヨネーズじゃなくて練りからしなのではないかと思うレベル。練りからしチューブからこれが出てきても驚かないくらい、とにかく黄色いです。ただし、いつもより甘濃いソースを合わせると辛味がだいぶ阻害されてしまい、辛さ3倍とまでは感じられませんでした。

 ただ、濃厚なソースであるのは間違いなく、特にソースの甘みが「超濃厚」でした。ただし、からしは3倍というほど辛くはなく、さらに言うとソースやからしマヨでコストが力尽きたか、具はあまり充実していませんでした。

 むしろ「超濃厚」を食べたことで、いつもの「一平ちゃん夜店の焼そば」が、ソースとからしマヨのバランス、そして具のボリューム感などいかに優れた商品なのかを改めて実感できました。ダテにロングセラー商品ではありません。

「マルちゃんごつ盛り盛りソース焼そば」の“盛り盛り”は、実際どれくらいの量なのか?

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像4
「マルちゃん ごつ盛り盛り ソース焼そば」(オープン価格/2020年4月発売)

 続いては、東洋水産から2020年4月17日に発売された「マルちゃん ごつ盛り盛り ソース焼そば」(オープン価格/筆者は171円で購入しました)です。「ごつ盛り」シリーズ10周年記念商品ということで、かなり気合が入っていそうな赤いパッケージデザインですね。通常の「ごつ盛り ソース焼そば」でも130gと麺量多めなのに、この商品では「200g」に増量されています。

 商品名で「盛り」を2重にするからには、肝心の中身もガッツリ盛ってもらわないと名前負けです。本当に「盛り盛り」なのか、試してみましょう。

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像5
麺が2段重ね

カップの中身は、麺が2段重ねになって入っていました。麺量は200gなので、ひとつ100g。普通サイズのカップ焼そばの麺量が100gなので、2倍ということになります。まさに「ごつ盛り盛り」。盛ってますねぇ。ちなみに、かの有名な北海道のソウルフード「やきそば弁当」の超大盛バージョン「でっかいやきそば弁当」と同じ形状、サイズです。

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像6
「ごつ盛り盛り」のからしマヨネーズ(左)は倍の量

 さて、盛っているのは麺だけではありません。いつもの「ごつ盛り ソース焼そば」に入っているからしマヨネーズが7gなのに対して、今回はその倍!「14g」も入っています。マヨラーにも嬉しい仕様は、さすが盛り盛りと言ったところ。

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像7
キャベツ2.5倍!

 もともと「ごつ盛り」シリーズに入っているキャベツはそれほど多くないのですが、今回の商品はその「2.5倍」以上のキャベツが入っています。実際に比較してみれば、その差は一目瞭然。いやはや、とことん盛ってきますね。

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像8
(左)ごつ盛り盛り (右)ごつ盛り

 大盛がウリの商品の中には、麺量が増えることでソースとのバランスが悪くなってしまい、「いつもと味が違うじゃないか!」と残念なことになる場合もあるのですが、この商品にはそんな違和感はまったくなく、いつも食べている「ごつ盛り ソース焼そば」の味を堪能できました。ちょっと甘めのソースとからしマヨネーズの組み合わせがクセになります。美味しくて量が多くて、そして安い。コスパ最強です。

 というわけで、「ごつ盛り盛り」の名に恥じぬ素晴らしい盛りっぷりでした。他所でこんなに盛っているのは、90年代の伝説のバラエティ番組『夢がMORI MORI』(フジテレビ系)くらいでしょう。今回の商品は「ごつ盛り盛り盛り」でも良いくらいでした。

「日清焼そばU.F.O.ペロリ」の“ペロリ”とは、どういう意味なのか?

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像9
日清食品「日清焼そばU.F.O.ペロリ」(125円税別/2020年4月発売)

 最後にご紹介するのは、日清食品から2020年4月13日にリニューアル発売された「日清焼そばU.F.O.ペロリ」(各125円/税別)。超定番カップ焼そば「日清焼そばU.F.O.」シリーズの一商品で、「かつお節香るだしソース」と「柚子香る鶏しおだれ」の2種類がラインナップされています。

 濃いものを食べたいけれど濃すぎるのはちょっと嫌という女性に向けた商品で、「食べたい気分に、ペロッと満足」をコンセプトにしているとのこと。とはいえ、本当に「ペロリ」といけるのか。さっそく検証していきます。

カップ焼きそば、盛りキャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告はないか? 疑惑の3商品を検証の画像10
(左)「かつお節香るだしソース」と(右)「柚子香る鶏しおだれ」

 両味とも、かつおだしを効かせたソースを使用し、麺にタピオカ粉を使用してプリプリした食感なのが特徴となっています。UFOのソースと言えばスパイスを効かせた濃い味という印象がありますが、「ペロリ」の2品は魚介の旨味を感じさせる、やさしい味わいとなっています。

 さらに、大ブームとなったタピオカ(粉)が麺に練り込まれていることで、弾力ある食感で箸が進みます。なるほど確かに、どちらの味も「ペロリ」と食べることができるライトなカップ焼きそばでした。特に「かつお節香るだしソース」は、同じソース味ながらいつものUFOとは違うあっさり味な魅力があります。

 ちなみに、通常の「UFO」が193円(税別)であるのと比べるとだいぶ安価ですが、麺量もいつもの100gから「65g」へとかなりダイエットしています。気になるカロリーや脂質も抑えられ、精神的にも「ペロリ」と食べやすくなっているわけです。

「超濃厚」「盛り盛り」「ペロリ」の検証を終え

「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 超濃厚ソース」「マルちゃんごつ盛り盛りソース焼そば」「日清焼そばU.F.O.ペロリ」と、いずれもキャッチーな商品名のカップ焼そばでしたが、検証の結果、これら3商品の看板に偽りはないことが判明しました。

 ただし、斬新な名前に実力も伴う商品だからと言って、それぞれのカップ焼そばブランドのオリジンを超えたというわけではありませんでした。伝統と革新の商品を、食べ比べてみるのも面白いのではないでしょうか。

オサーン

オサーン

カップ麺ブロガー&ライター。ブログで10年以上、3000食以上のカップ麺新商品をレビューしています。@ossern「カップ麺をひたすら食いまくるブログ」

最終更新:2020/05/30 13:30

カップ焼きそば、“盛り”キャッチコピー競争激化!「超濃厚」「盛り盛り」…誇大広告ではないか? 疑惑の3商品を検証のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

“鬼母”長澤まさみが恐怖

 人気コミックの実写化映画『キングダム』...…
写真
インタビュー

永尾まりや、続・グラビア宣言

 元AKB48で現在は女優、タレントなど多方面で活躍している永尾まりやさん。とりわけ...
写真