日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 富川アナ復帰もあの日テレアナと雲泥の差!

『報ステ』富川アナ復帰も前途多難…かたや日テレ藤井アナはコロナで評価爆上げ、まさに雲泥の差!

文=小林真一(こばやし・しんいち)

『報ステ』富川アナ復帰も前途多難…かたや日テレ藤井アナはコロナで評価爆上げ、まさに雲泥の差!の画像1
(左)テレビ朝日『報道ステーション』富川悠太アナ/(右)日本テレビ『news every.』藤井貴彦アナ(画像は各番組公式サイトより)

 テレビ朝日の看板報道番組『報道ステーション』のメインキャスター・富川悠太が、6月4日の放送でようやく復帰する。

 富川アナは4月に新型コロナウイルスへの感染を公表、出演を見合わせたが、発熱の症状がありながら出演を続けていたことで説明責任を問う視聴者の声が殺到。さらに、自宅療養中の家庭内トラブルを「文春オンライン」にスクープされるという災難もあり、好感度はダダ下がり。結果的に、番組復帰まで約2カ月もかかってしまった。

 泣きっ面に蜂の富川アナとは真逆で、コロナ禍で株を上げたアナウンサーといえば、日本テレビの藤井貴彦アナである。夕方のニュース番組『news every.』でメインキャスターを務める藤井アナだが、ここ最近、人気が急上昇しているという。

「藤井アナはバラエティ番組への出演が少なく、いかんせん地味な印象は拭えなかったのですが、新型コロナ報道で人気が“覚醒”しました」と話すのは、民放関係者。

「コロナ関連の暗いニュースが『news every.』でも続いていましたが、藤井アナが視聴者に向けて『心でコロナウイルスに負けてはいけません』などと血の通ったアドリブコメントを連発したことが話題を呼び、SNSでは『藤井語録』がシェアされるほどの評判っぷり。このまま人気が続けば、まったくのダークホースだった藤井アナが、日テレの看板アナウンサーになる日もそう遠くはないかも知れません」(民放関係者)

 藤井アナの人気上昇とともに、『news every.』も絶好調だ。

「『news every.』は3部構成で、18時直前からの第3部が一番視聴率を取るのですが、首都圏での視聴率はコンスタントに10%を越えています。大きなニュースがあれば15%近くまで上昇する日もあり、夕方のニュース番組では完全に頭一つ抜き出ている存在です。地方部での視聴率も良いのが特徴で、東北では20%を越える視聴率を叩き出すこともあり、藤井アナ人気は全国的なものと言っても過言ではないでしょう」(同)

 ちなみに、藤井アナの日テレ同期には、フリーに転身して活躍中の羽鳥慎一がいるが、アナウンサーとしての技術力は藤井アナの方が何枚も上手だという。

「もとから、藤井アナは日テレ歴代ナンバーワンとも言われるアナウンス力で、局内の評価は高かったんです。羽鳥アナのような派手さは一切ありませんが、藤井アナの生放送の対応力は民放ダントツ。さらに人望も厚くて、スタッフにも愛されています。かつて日テレは、徳光和夫や福留功男、福澤朗などの人気アナウンサーが軒並みワガママで性格が悪いと有名だったのですが、藤井アナは若手スタッフにも気軽に声をかけ、現場が円滑に回るような心配りをしています。それだって、より良い番組を作っていきたいという信念のなせる業。藤井アナには、本当に頭が下がります」(前出の民放関係者)

 その藤井アナが、今年の日テレを救う“キーパーソン”になる可能性もあるようだ。

「日テレの小杉善信社長が直々に強行すると発表している今夏の『24時間テレビ』ですが、総合司会に藤井アナを起用するプランが浮上しているんです。ここ数年は、フリーの羽鳥アナが総合司会を務めていましたが、今年はコロナ感染予防の観点から、外部のタレントやスタッフを極力少なくする方向で調整しています。さらに、一説には『24時間テレビ』がネットで猛バッシングされていることを受けて、人気急上昇中の藤井アナを司会にすることで、少しでも批判の声を和らげる狙いもあるのだとか。
 そればかりか、年末にかけての特番でも藤井アナを使った企画を進めているとかで、日テレとしては、とにかく好感度の高い藤井アナをフル回転させて、視聴者の信用回復と視聴率獲得を目指していくつもりのようですよ」(前出の民放関係者)

 日テレの藤井アナ頼みは、今後さらに加速していきそうだ。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2020/06/04 19:47

『報ステ』富川アナ復帰も前途多難…かたや日テレ藤井アナはコロナで評価爆上げ、まさに雲泥の差!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

“鬼母”長澤まさみが恐怖

 人気コミックの実写化映画『キングダム』...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真