日刊サイゾー トップ > 芸能  > 渡部建と佐々木希“夫婦共演NG”だったワケ

アンジャ渡部建、複数人女性と不倫で波紋…佐々木希との“夫婦共演”がもともとNGだった悲しい事情

文=日刊サイゾー

アンジャ渡部建、複数人女性と不倫で波紋…佐々木希との夫婦共演がもともとNGだった悲しい事情の画像1
二度と見られないツーショットか 佐々木希と渡部建(画像はそれぞれ公式インスタグラム、ツイッターより) 

 10日、「文春オンライン」はアンジャッシュ・渡部建が複数人の女性と不倫関係にあったことを報じた。記事によれば、渡部は不倫を認め、所属事務所を通じて「ご指摘の女性と関係をもってしまったことは私の不徳の致すところ」「妻にも説明し、謝罪しました」などとコメントしているという。詳細は、11日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で明らかになる。

 渡部といえば2017年に女優・佐々木希と結婚。当時、芸能界きっての美貌の女優との結婚を誰もが羨んだ。2018年には第一子も誕生していたが、大きな裏切りとなった。

「もともと、佐々木さんと渡部さんは“共演NG”だったんです」と語るのは、あるテレビ局関係者。

「佐々木さんの所属事務所・トップコートは、渡部さんとの共演にはずっと難色を示していました。実際に、これまで二人の“夫婦共演”はほとんどゼロ。数年前、あるCMで一度だけ共演したことがあったのですが、撮影現場では佐々木さんサイドの厳しいチェックが入っていたとか。そればかりか、SNSに投稿するプライベート写真にも“夫婦ツーショットNG”が言い渡されていますから、とにかく渡部さんの煙たがられ方は尋常ではなかったんです。
 渡部さんはスタッフへ人当たりは悪くないので、『流石にかわいそうだな、人気女優と結婚するって大変そうだな』と思っていたんですが、まさかこんなことになるなんて……」

 一方、渡部はこの“文春砲”が世に出る直前、テレビ各局やラジオ局に対して番組出演の全面自粛を申し入れ、自らのスキャンダルに先手を打っていた。グルメ芸人として培った嗅覚がなせる上手い立ち回りではあったが、やはり今後の芸能活動についてはシビアな声が聞こえてくる。

「佐々木さんサイドからすれば、タレントとして“格下”の渡部さんと共演しても、何の得はなかったのでしょう。たとえ夫婦とはいえ、女優さんもイメージ商売ですからね。それが、とうとう大切なタレントイメージをも傷つけられる事態になってしまった。佐々木さんサイドが激怒するのも当然のことで、もう“夫婦共演”の禁が解かれることはないでしょうね。まあ、そもそも渡部さんが無事に芸能界復帰できるか、そして夫婦生活が続くかどうかも、今はまだ不明なわけですが」(芸能記者)

 身から出た錆の渡部はともかく、佐々木への影響も心配である。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/10 12:12

アンジャ渡部建、複数人女性と不倫で波紋…佐々木希との“夫婦共演”がもともとNGだった悲しい事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教える自然災害×コロナ回避法

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真