日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ日記  > バイきんぐ小峠が語らない“リモート芸人”論

バイきんぐ小峠のロビー脱出と、語られない“リモート芸人”論 「四角の中に丸があるのが面白いらしいですね」

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

「この世に発信したいことなんか、何ひとつない」

 そういえば、『ヒルナンデス!』のロビー出演のインパクトが大きかったのか、小峠はしばしば”リモート芸人”などと呼ばれていた。

 確かに、小峠はリモート出演でよく見かけたような気がする。いや、この期間、小峠だけでなく安定した仕事をする芸人やタレントが多く出演していた印象がある。不測の事態への確実な対応力が求められたのだろうか。番宣でゲスト出演する俳優やアーティストが少なかったため、相対的に露出が増えたという面もあるかもしれない。

 けれど、”リモート芸人”といった呼び名ができると、なんだか小峠がこのタイミングで活躍しているようにも思えてくる。

 小峠はいろいろな番組で繰り返し尋ねられていた。なぜリモート出演に引っ張りだこなのか。秘訣はあるのか。そう問われた小峠は、他の人と声が被らないように気をつけているという他は、次のよう答えるだけだった(『ダウンタウンなう』2020年5月29日、フジテレビ系)。

「リモートはハゲが映えるらしいですね」

 また、21日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも、リモート出演でこう語る。

「仲のいいディレクターさんから聞くと、四角の中に丸があるのが面白いらしいですね」

 小峠の答えは一貫している。リモート出演が増えているのは、自分の見た目が面白がられているから。四角い画面と丸い頭の組み合わせが面白いから。彼からは“リモート芸人”としての技術論のようなものはほとんど語られない。「らしいですね」という伝聞形式での回答が、この手の質問から距離をとろうとする姿勢をさらに印象づける。

 21日の『ボクらの時代』(フジテレビ系)にリモート出演していた小峠は、こんなことも語っていた。

 彼はほとんどネットでの発信をしていない。Twitterもやっていなければブログもやっていない。YouTubeにバイきんぐとして公式チャンネルを開設しているが、上がっているのはすべて単独ライブのコントの映像だ。

 なぜか。その理由を小峠はこう語った。

「この世に発信したいことなんか、何ひとつない」

 なるほど、だからなのだろう。この世に発信したいことが何ひとつない彼は、”リモート芸人”としての秘訣のようなものを問われても何も答えない。

そういえば以前から、小峠はテレビカメラの前で芸人論のようなものをほとんど語っていないような気がする。そこにあるのは美学だろうか、謙遜だろうか、それとも諦念だろうか。こんなふうに書き立てられることへの用心深さかもしれない。

 ところで、同番組で小峠はこんなことも語っていた。

「うなぎはもう食べ物の中で一番好き。うなぎ好きすぎて、うなぎ雑誌にも載ったよ」

 発信したいことが何もない男が、うなぎ雑誌でうなぎを語る。うなぎ雑誌って何だよとかそんな問いは置いておいて、なんだか無性に読みたい。

 小峠の隣には、小峠以上に「芸人とは」みたいな話から距離をとる西村瑞樹という男がいるのだが――長くなりそうなのでまた別の機会に。

飲用てれび(いんよう・てれび)

飲用てれび(いんよう・てれび)

関西在住のテレビウォッチャー。

サイト:記事一覧

Twitter:@inyou_te

最終更新:2020/06/30 13:00
12

バイきんぐ小峠のロビー脱出と、語られない“リモート芸人”論 「四角の中に丸があるのが面白いらしいですね」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真