日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 長濱ねる、西野七瀬の“二匹目のドジョウ”か

長濱ねる電撃復帰、西野七瀬の“二匹目のドジョウ”を狙う? スキャンダル、炎上続きの「元欅坂46」という肩書き

文=日刊サイゾー

『セブンルール』(関西テレビ、フジテレビ系)

『セブンルール』(フジテレビ系)の新キャストに抜擢された長濱ねるが、公式サイト上で、「将来の目標がやっと輪郭を帯びてきました」「変化も含めまた新たに知っていっていただけると嬉しいです」とメッセージを発表。芸能活動の本格再開を明示している。

「長濱が無事に芸能界に戻ってきてくれて良かったです。長濱のグループ卒業は、謎が多かったですから」と語るのは、あるアイドル誌ライター。

「本来、長濱クラスの人気メンバーであれば、スキャンダルによるクビでもない限り、卒業シングルや卒業コンサートで華々しく送り出すというのが恒例です。ですが、長濱は急ごしらえなイベントだけでサッサと卒業してしまったので、ファンは首を傾げていました。
 最後に長濱は、ラジオ番組『長濱ねるのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演し、『しばらくみなさんとお会いする機会がないので』『さようなら。またねー』と、芸能活動を続けるとも引退するとも明言せずに去って行ったので、完全に取り残されたファンは当惑していたんです」

『セブンルール』の公式動画内で、長濱はこの1年の空白期間について、「通信制大学に入学して勉強しながら、のんびりいろんな場所に行ったり、動画配信サービスでたくさん映画を観てた」と明かしていたが……。

「欅坂を運営するSeed & Flower合同会社が長濱を囲い込んでいたということでしょう。今年2月、メンバーの加藤史帆はSNSで『この間ねるとたまたま会った』とポロリ。長濱の故郷は長崎ですし、都内でたまたま会える場所なんて事務所くらいですから、長濱の復帰説も浮上していたんです」(前出のアイドル誌ライター)

 しかし、長濱の電撃復帰には疑問符もつく。

「長濱の芸能界復帰が『セブンルール』というのはどうなんでしょうか。同番組は、オードリー若林正恭を中心にYOU、青木崇高、本谷有希子という異色のMC4人のトークで持っていた番組でした。番組としてはテコ入れのつもりかも知れませんが、その若林をハズして、アイドル上がりの長濱をブッ込むという采配は謎です。
 まあ、乃木坂46では、西野七瀬が『グータンヌーボ2』(関西テレビ)のレギュラーMCに抜擢されてアイドル臭をうまく脱臭したという前例もありますから、長濱も二匹目のドジョウを狙っているのでしょうが、果たして……」(民放関係者)

 ここ最近、欅坂46のOGはゴタゴタ続きだ。今年3月末に卒業したばかりの長沢菜々香は、6月にさっそく一般男性との同棲が報じられた。直後、長沢はインスタグラムで「卒業後に交際を始め、婚約させて頂いており8月には入籍する予定です」と釈明したが、グループを辞めてからたった2カ月で彼氏を作って婚約したというストーリーにはさすがに無理がある。アイドル時代から隠れて交際していたという疑惑が浮上し、ファンは疑念を募らせた。

 さらに、元メンバーの志田愛佳と鈴本美愉は、YouTube番組『鈴本愛佳のぶちゃらけ』をスタート。7月3日にアップされた一発目の動画では、二人が焼肉店でテキーラをバカスカ煽りながら恋愛トークを繰り広げている。鈴本は、最近付き合っていた彼氏と破局し、落ち込んだが1週間程度で立ち直ったそうで、「(元彼を)どんな人なのかを知った結果、今回は結婚したいって思わなかった」とまで暴露した。赤裸々すぎる恋愛話に、往年のファンからは「エグい」「こんな話、聞きとうなかった」と嘆きの声が続出。OGが調子に乗ることで、欅坂の現役メンバーにも被害が及びやしないか戦々恐々とするファンも多い。

 欅坂OGの汚名をそそぐことはできるだろうか。電撃復帰の長濱に、その期待がかかっている。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/09 01:36

長濱ねる電撃復帰、西野七瀬の“二匹目のドジョウ”を狙う? スキャンダル、炎上続きの「元欅坂46」という肩書きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真