日刊サイゾー トップ > 芸能  > 城田優、ナベプロ退所に舞台関係者が懸念

城田優、ナベプロ退所に舞台関係者から心配の声──親友の死と演劇冬の時代をどう乗り越えるのか

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
城田優、ナベプロ退所に舞台関係者から心配の声──親友の死と演劇冬の時代をどう乗り越えるのかの画像1
インスタグラム:城田優(@yu_shirota)

 10月1日、俳優の城田優がワタナベエンターテイメントとの専属契約が満了したことを発表。今後もナベプロのマネージャーがつき、サポート関係は続くというが、事実上独立といった形になりそうだ。

「城田は父親が日テレの番組を手がける放送作家だったこともあり、デビュー当時からドラマやバラエティなどにゴリ押しされていましたが、メインを張れる器には育たなかった。しかし、ミュージカル仕事を地道に続けたおかげで、4~5年前から舞台俳優として開花した。デビューが早かった分、苦労した時間も長かったでしょうが、ミュージカル界では欠かせぬ存在に成長しました」(中堅芸能事務所関係者)

 ミュージカル俳優として成長する過程で、友情が深まっていったのが先日急死した三浦春馬だった。城田は交友関係が広く、ミュージシャンからK-POPアイドルまで、多くの友人との付き合いがあったが、三浦は特別だったという。

「三浦春馬さんもミュージカルに力を入れていたので、そこにシンパシーを感じていたようですね。日本のミュージカル業界を盛り上げたいという共通の思いもあって、いつか舞台で共演できたらといった話もしていたそうです。しかし、その夢も叶うことなく三浦さんは亡くなってしまった。城田さんの喪失感は大きいはずです」(演劇関係者)

 城田と三浦が底上げに尽力したミュージカルの世界も、新型コロナウイルスの影響が暗い影を落としている。

「演劇・ミュージカルはどんどん企画が潰れていってます。城田さんは年に1度は必ずミュージカル公演に出演していましたが、来年以降どうなるか正直わからない。11月には新作ミュージカル『NINE』が控えていますが、今後コロナ感染者が爆発的に増えれば、中止を余儀なくされる可能性もあり、非常に不安定な状態です。城田さんのメンタル面が心配ですね」(同)

 こうしたつらい状況の中、独立という決断をくだした城田。前途多難にも見えるが、ミュージカル俳優としてのさらなる飛躍に期待したい。

最終更新:2020/10/01 19:00

城田優、ナベプロ退所に舞台関係者から心配の声──親友の死と演劇冬の時代をどう乗り越えるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

 Pablo Blastaというラッパーの名前は、DJ CHARI & DJ...
写真