日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 楽天・石井監督「背水の覚悟」

楽天・石井監督、急転直下でGM兼任決めた「背水の覚悟」現場ウケは微妙か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

楽天・石井監督、急転直下でGM兼任決めた「背水の覚悟」現場ウケは微妙かの画像1
写真/GettyImagesより

 パ・リーグ4位に終わったプロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルスの石井一久GMが12日、来シーズンは1軍監督と兼任すると突然発表した。あまりの展開の早さに関係者は一様に困惑。ファンからしてみれば、「こんな状況で来年、優勝できるのか?」という一言につきるだろう。

 今シーズンは石井GMがヤクルト時代の同僚、三木肇氏を1軍監督に据え置いたが、終わってみれば順位は後退(昨シーズン3位)。借金「2」のリーグ4位でシーズンを終え、クライマックスシリーズ進出を逃した。

 石井新監督は「東北の皆さまに愛されながら強いチームにすることが僕の使命。この仕事、非難はいっぱいで、称賛は少し。何を言われようがブレずにまい進したいです」と決意を語った。

  チーム打率、得点はともにパ・リーグ1位を誇るも逆転負けは12球団ワースト(32試合)。立て直しは急務だが、プロ野球OBは「まさに背水の陣。来年、優勝できなければ石井GM兼監督が全責任を取って退陣」と厳しい状況を明かす。

「今回の就任も、当日の午前中に熟考を重ねてギリギリのタイミングで不退転の決意を自ら下したようだ。それだけ、球団上層部というか、三木谷会長から石井GM兼監督も追い込まれていることは間違いない。ただ、これまで散々お金を使って補強もしたし、好きに打順を決めていたという話もあり、現場受けはあまりよくない。それをいきなり現場監督として舞い降りるのだから、よほど周りに気を遣って立ち振る舞わなければシーズン序盤にチームが空中分解してしまいかねない」(同)

 背水イヤーに石井新監督は、結果を残すことができるのだろうか。

最終更新:2020/11/16 18:00
関連キーワード

楽天・石井監督、急転直下でGM兼任決めた「背水の覚悟」現場ウケは微妙かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真