日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 渡部酷評会見、吉本なら違った!?

アンジャッシュ渡部、酷評会見の「盲点」…会見なれしてる吉本なら違った!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

http://www.p-jinriki.com/talent/un-jash/

アンジャッシュ渡部、酷評会見の「盲点」…会見なれしてる吉本なら違った!?の画像1
所属事務所プロフィールページより

 今年6月、一般人女性と多目的トイレ内での不倫を報じられて芸能活動を休止したお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部健が3日夜、都内で会見。およそ半年ぶりに公の場に姿を見せたが、残念ながらその内容は酷評されるべきものだった。

 2時間近くにおよぶ会見は渡部1人で出席。妻で女優の佐々木希や相方の児島一哉、さらにはファンや関係者への謝罪を口にしたがどこは歯切れが悪い。

 芸能関係者は「やはり仕事復帰と見られている日テレ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』の特番に関する詳細を、一切話せなかったことが大きい。話してしまえば“ネタバレ”にもなりますから。日本テレビ、ダウンタウン側への配慮でもあったのでしょうね」と話す。

 とはいえ、事前に『ガキ使』での復帰報道が出る中で、会見に姿を見せた段階でそのことをリポーター陣からツッコミを受けるのは間違いなかったが、会見を見るに渡部はうまく対応できなかったようだ。

 これには「所属事務所にマスコミ専門に対応する部署や人材を置いていないのが一番大きい。だから想定問答を準備できず、現場で火の手が上がる結果となった。同じお笑い芸人を扱う吉本興業では、マスコミを熟知した専門スタッフが何人もいますから。体制が間に合っていないのは弱点でしたね」(同)と明かす。

 酷評会見の裏にはこうした「盲点」が見え隠れしていたといえるだろう。

最終更新:2020/12/06 19:00

アンジャッシュ渡部、酷評会見の「盲点」…会見なれしてる吉本なら違った!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

米倉涼子、次は学園モノで教師役?

 昨年3月、27年間所属していた大手プロ「オ...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真