日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安斉かれんがポストゆきぽよ?

ゆきぽよの椅子を巡りギャルモデルの争いが激化! ここにきて安斉かれんに注目が?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ゆきぽよの椅子を巡りギャルモデルの争いが激化! ここにきて安斉かれんに注目が?の画像1
写真/GettyImagesより

 涙の謝罪も視聴者には違和感しかなかったようだ。

 1月24日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、人気ギャルモデルの“ゆきぽよ”こと木村有希がVTR出演。親密な関係にあった男性がコカインを使用して逮捕され、自らも薬物検査を受けたことについて思いを語った。

 番組では涙ながらに釈明をし、今後受けるであろう批判についても語っていたゆきぽよ。だがやはり世間からの反応は、男性には振込詐欺で逮捕歴があるにもかかわらず、その後も交遊を続けていたこと、つきまとわれていたと言いながらも相手に合鍵を渡して自宅に入れていたことなどに、疑問が残っている。そのため、ゆきぽよが真実を語っていないと感じた人も少なくなかったようだ。

 犯罪や薬物はスポンサーが最も嫌う要素。今後、ゆきぽよが起用される機会は激減することが予想されている。

 そしてその椅子を巡ってギャルモデルたちによる争奪戦が激化しそうだが、女性誌ライターは「ポストゆきぽよ」についてこう予想する。

「2020年夏に『Popteen』専属モデルを卒業した土屋怜菜は、『サンジャポ』への出演歴もあり、愛称が『れいぽよ』と語感も似ているので溶け込みやすいかも。16年に『S Cawaii!』の専属モデルになり、初登場で表紙を飾るという快挙を達成した吉木千沙都も注目。ツイッターのフォロワー数は100万人超えと発信力は抜群。AbemaTVの大人気恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない♡』へ出演して話題になった『なちょす』こと徳本夏恵も人気急上昇中です」

 さらに、意外なところではあのアーティストを推す声も聞かれてくる。テレビ関係者が言う。

「20年、ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で主演のアユ役に抜擢された歌手の安斉かれんです。もともとは次世代型ギャルを意味する“ポスギャル(ポストギャル)”と呼ばれ、モデルとして活躍していました。昨年8月に音楽関係のパリピ集団の1人と熱愛スクープが発覚し、以降、歌手活動は停滞中。とはいえ、ドラマの番宣でバラエティの場数を踏んだことで、改めてギャルモデルとして再ブランディングすれば、知名度はあるだけに復活する可能性は十分です」

 果たしてゆきぽよの復活が早いか、それとも藤田ニコル、みちょぱの2強に迫る別のギャルモデルが誕生するのか見物だ。

最終更新:2021/01/27 13:00

ゆきぽよの椅子を巡りギャルモデルの争いが激化! ここにきて安斉かれんに注目が?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真