日刊サイゾー トップ > 芸能  > ゆきぽよ、ギャルタレ競争で後退か

ゆきぽよ、もらい事故スキャンダル発覚で“ギャルタレバトル”で後退か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ゆきぽよ、もらい事故スキャンダル発覚でギャルタレバトルで後退かの画像1
絶妙なトークバランスが崩れそう?

 コロナ禍で激太りしたため、現在、パーソナルジム・ライザップに通ってダイエットに挑戦していることが先日発表された、モデルでタレントのゆきぽよだが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋/1月28日号)で過去の恋愛がらみのスキャンダルが報じられてしまった。

 もともと、テレビでは複数の元彼たちが逮捕されていることを公言しているゆきぽよ。しかし、19年5月、ゆきぽよの交際相手とみられる男性がゆきぽよの自宅でコカインを使用したことで、警視庁に逮捕され、ゆきぽよも事情聴取を受けている。また、自宅もガサ入れされた上、結果はシロだったものの尿検査も受けていたというのだ。

 ゆきぽよは事務所の社長同席のもと、同誌の取材に対応。ガサ入れや尿検査の様子を生々しく振り返ったが、その件は社長に内緒にしていたのだとか。「今回の件は、生まれ変わろうと思えるきっかけになった」、「もうヤンキーたちとの縁を切ろうと思います」などと猛省していたのだが……。

「やっぱり、こういう記事が出てしまったのは、広告などの観点からみると大きなマイナス。今後、ダイエットに成功した場合、ライザップのCMに出演すると思われるが、今回の件で破談になり、違約金を取られる可能性もある。一番マズかったのは、事務所の社長に報告しなかったこと。社長はしばらく関係先へのお詫び行脚の日々を送ることになりそうだ」(広告代理店関係者)

 ゆきぽよといえば、ギャル系のビジュアルに歯に衣着せぬ物言いで人気者となったが、“ギャルタレバトル”で大きく後退しそうだという。

「ゆきぽよのライバルは藤田ニコルとみちょぱで、三者三様の魅力があり“三つどもえ”の状態。しかし、今回の件でテレビ各局は起用を控えることになりそう。ニコルとみちょぱにとっては仕事を広げる大チャンスが回って来た」(芸能記者)

 本人がシロなら問題ないことなのだが、密接交際でのイメージダウンは人気商売ならば気をつけるべきところ。本人の申し開きのとおりにしっかりと精算して、再出発を期待したいところだ。

最終更新:2021/01/22 21:00

ゆきぽよ、もらい事故スキャンダル発覚で“ギャルタレバトル”で後退かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

小津安二郎「子が親を何度もビンタする」名シーン

 こんばんは、宮下かな子です。  最近、脚の...…
写真
インタビュー

『鬼滅の刃』のプロデュースワークの巧みさ

『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『富豪刑事 Balanc...
写真