日刊サイゾー トップ > エンタメ  > あの芸能人が学生時代に付けられたトンデモあだ名

「カールルイ子」「箱ティッシュ男」… あの芸能人が学生時代に付けられたトンデモあだ名

「カールルイ子」「箱ティッシュ男」… あの芸能人が学生時代に付けられたトンデモあだ名の画像1
日本テレビ『スッキリ』公式サイトより

 加藤浩次も納得がいかない様子だったが……。

 2月24日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、教育現場で「あだ名禁止」が広がっていることを特集。ツイッターでは「あだ名禁止」がトレンド入りしたほど、多くの人が関心を持ったようだ。

「番組によれば小学校であだ名が禁止されつつあると言い、イジメの一因になることを避けるため、『さん付け』を推奨している学校を紹介しました。これに対してMCの加藤は、『相手が嫌がっていると気づいたり、嫌な思いをさせたんだと気づく経験をするのも大事』と懐疑的な見方をし、同じくMCのハリセンボン・近藤春菜も、『裏で嫌なあだ名で呼ばれていたら意味が全くない』と疑問を呈していました」(テレビ誌ライター)

 一方、芸能人に目を向ければ、子供の頃にインパクトのあるあだ名をつけられていたという人も多い。

「中学時代に陸上部だったアンミカは、足が速かったことから『カールルイ子』と呼ばれていたそうです。また、コワモテなイメージのあるヒロミは、中学時代まではいつもなよなよしていたことから、ついたあだ名は『こんにゃく』。しかし、高校に進学すると一変し、やんちゃ少年になったそう。高良健吾は名字の読み方を間違えられることが多く、『コウラ』と訂正しているうちに『ペプシ君』になっていたそう。さらにイケメン俳優の松坂桃李は鼻炎持ちだったため『箱ティッシュ男』、美人女優の今田美桜は瞳が大きかったことで『金魚』と名付けられていたそう」(芸能ライター)

 あだ名をつけらるのは人気者の証とも言えるだけに、「人が嫌がる呼び方」でなければ、学校側が「禁止」するまでは必要ないようにも思えるが……。

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2021/02/28 17:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真