日刊サイゾー トップ > 社会  > 「Slackコネクト」に批判が相次いだワケ?

Slackの新機能「Slack コネクト」の用途に批判が相次いだワケとは?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ビジネス用チャットツールの「Slack」で3月24日、外部のユーザーともダイレクトメッセージのやり取りができる新機能「Slack コネクト」がリリースされた。日本国内でも導入する企業が多く人気のSlackがより便利に進化したはずが、一部のユーザーから問題点が指摘され修正する事態となってしまった。
メールよりも効率的にやり取りができるチャットツールは、今後ますますユーザーが増え進化していくと考えられるが、今、利用する側だけでなく提供する側にもそのモラルが問われている。

Slack コネクトとは? 批判が相次いだワケ

(Image:Yalcin Sonat / Shutterstock.com)
2013年にアメリカでリリースされたSlackは、外部ツールとの連携がしやすく人気のチャットツール[/caption]

 テレワークの推進でますます需要が増加したビジネス用チャットツール。より手軽に効率的にコミュニケーションを図ることができるため、業務効率化や生産性の向上につながると近年、注目が高まっている。なかでも米企業が提供するSlackは世界中で1000万人以上のユーザーに利用されている。

 そのSlackが3月24日、新機能「Slack コネクト」をリリースした。これは外部ユーザーのメールアドレス宛に招待メールを送付し、相手側がそれを受け入れれば、ダイレクトメールの…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/04/06 08:30

Slackの新機能「Slack コネクト」の用途に批判が相次いだワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

里咲りさ×吉野七宝実スペシャル対談

今回ご登場いただく対談相手は、あの「干物グラビア」が大バズりした吉野七宝実さん。所属して...
写真