日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 嵐総出演より広瀬&橋本の“W前かがみ”に期待!?

嵐総出演より広瀬&橋本の“W前かがみ”に期待!?『ネメシス』、ドラマ大爆死でも劇場版強行か 

嵐総出演より広瀬&橋本のW前かがみに期待!?『ネメシス』、ドラマ大爆死でも劇場版強行か の画像1
日本テレビ『ネメシス』公式サイトより

 もはや打つ手なしのようだ。

 5月16日に放送された広瀬すずと嵐・櫻井翔がW主演するドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)第6話の平均視聴率が7.9%を記録。前話から0.1%のアップとなったものの、初回11.4%からの右肩下がりのトレンドは継続中だ。

「日テレの上層部は、イライラをどこにぶつけていいかわからない状況のようです。というのも、『ネメシス』は夏休みに劇場公開するのを前提に企画されており、1本の制作費に1億円がかけられています。日テレのドラマは通常1本3000万円。フジやテレ朝でも4000~5000万円程度ですからいかに破格かがわかるというもの。そのうちの2000万円が広瀬、櫻井をはじめとする豪華キャストのギャラとなっているようです。もちろん、映画込みのギャラですから、視聴率が悪いからといってもはや引き返すわけにはいきません。とはいえ、嵐の活動休止でスケジュールがパンパンだった櫻井に合わせていたため、ほぼ撮り終えている状態。実は、劇場版もドラマの焼き直しがほとんどで、新たに撮り直すのは全体の30%程度だと聞きます」(テレビ関係者)

 劇場版では嵐メンバーが総出演する秘策も撮り沙汰されているが、テレビ誌記者がこう指摘する。

「時間もない中で、手っ取り早く話題を作るのなら、広瀬と彼女の親友役で出演している橋本環奈のバスト押ししかないでしょう(苦)。広瀬は4月23日発売のファッション誌『CanCam』で生地の薄いノースリーブ服を着で前かがみのポーズになった際に、自慢のボディラインを披露。『ネメシス』では身体を隠した彼女の衣装にブーイングが飛び交っていますから、お預けを食らっていたファンは飛びつくハズ。また、橋本もこのところバストが急成長しているともっぱらですから、ぜひW前かがみを期待したいところです」

 嵐総出演に2大ヒロインのバスト競演が加われば、大爆死は免れそうだが、さてどうなる?

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2021/05/23 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed