日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ジャニーズもビックリな退所メンバーの業界評

NHKが赤西仁と錦戸亮のドキュメンタリーを制作へ? ジャニーズもビックリな退所メンバーの業界評

NHKが赤西仁と錦戸亮のドキュメンタリーを制作へ? ジャニーズもビックリな退所メンバーの業界評の画像1
YouTubeチャンネル「NO GOOD TV」より

 嵐が活動休止をしてから精彩を欠いているジャニーズ事務所。売り出したい新人グループもいまいちな状況が続いていると話すのは、ある芸能プロダクション関係者だ。

「ジャニーズ事務所はいま最も売り出しに力を入れているKing & Prince を今夏の『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーに無理やり押し込みましたが、一部ではコロナ禍に24時間テレビを開催することに異議を唱える声も出ていて、マイナスイメージになっています。キンプリは今年、SNSでの情報発信を推し進めたいのですが、Twitter、インスタ、YouTubeチャンネルのどれもが公式の情報しか発信しておらず、ファンからも使い方が分かっていないと嘆かれています」

 さらに、バラエティ番組にも積極的に進出している売出し中のSixTONESとSnow Manの業界評もまだまだだという。

「SixTONESとSnow Man共にジャニーズ事務所のゴリ押しでメンバーを番組で使うことはあるのですが……正直、アイドルとしては面白いというレベルを超えられない。ジャニーズではA.B.C-Zの河合郁人さんの人気が急上昇していますが、河合さんを呼ぶと若手は一緒に使いづらいんです。そういった意味でも、ここ最近ではSixTONESとSnow Manのメンバーをブッキングすることが少なくなりましたね」(民放関係者)

 これまでならば、嵐のバーターで若手をゴリ押しすることも出来たが、出番は遠のいているようだ。代わりに今後、テレビで見かける機会が多くなりそうなのが、赤西仁や錦戸亮、新しい地図などの退所メンバーだという。

「コロナ禍でも活躍しているアーティストとして、赤西仁と錦戸亮にNHKが興味を示しているという噂です。SNSや楽曲配信、独自のファンクラブの構築など新しい時代を切り開くアーティストとしてドキュメンタリーの制作や歌番組へのオファーを検討しているとか。NHKがテレビ解禁をしてくれれば、民放各局も2人を使いやすくなります。錦戸亮にはドラマ出演を熱望するファンも多いので、業界関係者の間で期待が高まっていますよ」(民放関係者)

 さらに、赤西と錦戸以上にNHKが力を入れようとしているのが新しい地図だという。

「新しい地図の3人はパラリンピック関連やコロナで基金を立ち上げるなど、何かとNHK好みの仕事が多い。嵐が再結成してオリンピックのパーソナリティを務める可能性がなくなったことで、NHKもジャニーズ事務所に気兼ねすることがなくなったので、新しい地図の3人を起用した番組作りを夏以降に行っていくようです。手始めに、赤西と錦戸と同じくドキュメンタリー番組で様子を見て、その後はメンバーがMCを務める新番組の立ち上げも検討されているそうです」(民放関係者)

 これまでジャニーズ事務所は、紅白歌合戦を中心にNHKと“二人三脚”でやってきたが、完全に風向きが変わったという。

「NHKは民放よりもタレント事務所との関係性はシビアです。CMがない代わりに、視聴者からのクレームを非常に気にかける社風がある。これまでは、紅白などで嵐を出さないとクレームが多かったのでジャニーズと協業してきましたが、現在は逆に新しい地図の3人をなぜ出さないのかという問い合わせのクレームが多くなっている。そういった意味で、ジャニーズに気を使っている余裕がなくなっているんです。ただ、紅白のスタッフはジャニーズ事務所との板挟みでかなり大変なようですが……」(民放関係者)

 現役メンバーより、ジャニーズを退所したメンバーの方をよくテレビで見かける、なんて日もそう遠くないのかもしれない。

最終更新:2021/06/18 10:00
関連記事
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed