日刊サイゾー トップ > 社会  > コミックシーモア、上半期ランキング1位は

コミックシーモア上半期「少年マンガ」売上ランキング、3位東京リベンジャーズ、2位鬼滅、1位は?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

最近では電子書籍でマンガを読む人が増え、電子書籍のダウンロード数が人気度を表していると言って差し支えないだろう。そんな電子書籍ストアの中でもユーザーに人気の「コミックシーモア」から、上半期の売上ランキングが部門別で発表された。今回は、なかでも勢いを増している少年マンガ部門のランキングを紹介しながら、動向を考察していく。

進撃の巨人・転生したらスライムだった件・東京卍リベンジャーズがランクイン

(コミックシーモア、リリースより引用) 東京リベンジャーズの劇場版はいよいよ7月放映開始だ(コミックシーモア調べ)

 コミックシーモアを提供するエヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社は6月11日に「コミックシーモア上半期ランキング2021」を発表。少年マンガ部門は、5位に先日最終巻となる34巻を発売した、諫山創「進撃の巨人」(講談社)がランクイン。4位には、7月にテレビアニメで第2期の第2部が放送開始となる、川上泰樹/伏瀬「転生したらスライムだった件」(講談社)がランクインした。

 そして3位は、北村匠海、吉沢亮、間宮祥太朗など豪華キャストでの実写映画化を控える、和久井健「東京卍リベンジャーズ」(講談社)。公式ツイッターのフォロワー数は映画アカウント・アニメアカウントともに16万人を突破しており…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/06/20 08:30

コミックシーモア上半期「少年マンガ」売上ランキング、3位東京リベンジャーズ、2位鬼滅、1位は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  猛暑...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真