日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『サンジャポ』マスコミを全力擁護

『サンジャポ』、五輪開催ムードで意見をコロッと変えたマスコミを全力擁護「五輪のおかげで感染がおさまる」可能性に期待

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

『サンジャポ』、五輪開催ムードで意見をコロッと変えたマスコミを全力擁護「五輪のおかげで感染がおさまる」可能性に期待の画像1
TBS『サンデージャポン』公式サイトより

 20日放送のTBS『サンデー・ジャポン』に爆笑問題太田光が出演。東京オリンピック・パラリンピックでのマスコミの役目を語った。

 番組では出演者のデーブ・スペクターがツイッターに投稿した「東京五輪が始まるまでにタレントやコメンテーターがコメント予習 イ)なんだかんだ言ってオリンピックっていいな! ロ)割り切ってスポーツとして見ましょう! ハ)やっぱり開催してよかった!」という、オリンピック開催後に意見をコロっと変えるであろうワイドショーやコメンテーターへの皮肉を紹介した。

 これに対して杉村太蔵は「感染が広がる不安から中止や延期を求める声と、選手の皆さんが活躍する、日本人がメダルを取る、それに喜ぶ。そこは矛盾した考えでも何でもなくて、当たり前の人間の考えじゃないかって思う」と反論。

 テリー伊藤は「手のひら返しは日本人の才能だと思う」と持論を展開させ「オリンピックが始まった瞬間、急に盛り上がって何が悪いんですか?」と息巻いた。

 太田はこれらの声に対して、コメンテーターについては「そうするしかない、放映するわけですから」と意見を変えるのは仕方ない事としつつ、テレビ局側については「今までずっと政府やオリンピックに対して批判的でしたよね。それは矛盾があったと思う」と指摘。

「テレビ局は放映するのにもかかわらず“中止をしろ”って。“中止をしろって言うんだったら、うちは放映しません”って。俺は単純な考え方だからそうするべきだと思ってる」と、批判的な態度をとりつつスポンサーを降りないマスコミを非難した。

 しかし、放映することが決まっているマスコミについて、太田は「そろそろどうやって放映するのか考えなければいけない」と進言。

「政府と専門家と伝える側・マスコミが、みんなが一丸となるということが、精神論でもナショナリズムでもなんでもなくて戦略的に感染を抑えるために、オリンピックの期間一つの事でまとまる」ことが重要と熱弁した。

 太田はサッカーワールドカップの渋谷スクランブル交差点での騒ぎを例にあげ、選手からサポーターに「渋谷の騒ぎはやめてくれ」とメッセージを送ってもらうことで静かに観戦することは可能だとし、開催までに「家で見てください、県をまたがないでください」など、どういう見方をしてくださいという事を繰り返し伝えること、そのために国とマスコミが話し合うことが必要だと説いた。

 そして「もしかしたらオリンピックがあったおかげで感染が鎮まったってことにもなりえる可能性はまだある」と期待を抱いていた。

 太田は、マスコミはスポンサーを降りるべきと批判をしたものの、マスコミがどのように放映するべきか長々と解説。今まで五輪に批判的な態度を取っていたテレビ局側を、フォローしているかのようだった。

 これで『サンジャポ』では、五輪を報道しやすくなったのではないだろうか。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/06/23 06:00

『サンジャポ』、五輪開催ムードで意見をコロッと変えたマスコミを全力擁護「五輪のおかげで感染がおさまる」可能性に期待のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真