日刊サイゾー トップ > 社会  > 新型Nintendo Switch、早くもミーム化?

新型Nintendo Switch、海外からは「がっかりした」という反応ばかりが目立つ理由とは

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

任天堂が有機ELディスプレイを搭載した「Nintendo Switch(有機ELモデル)」を販売することを発表した。価格は37,980円(税込)で、現行機種より5,000円程度の値上がりとなる。

鮮やかな発色の有機ELディスプレイをウリとしているが、他にも従来型と異なる点が多数あり日本国内だけではなく海外でも様々な意見が飛び交っている。新有機ELモデルと従来型の詳しい違いは→こちらで。

すでに白黒デザインについてのミームなどもTwitterに投稿されているようだ。一部抜粋して紹介したい。

鮮やかな発色が可能となる有機ELディスプレイ。4Kは非対応に

 初めに従来機との変更点を見ていこう。まずはディスプレイ。予測されていた通り、液晶を有機ELにしたことで、コントラストが高く鮮やかな色表現が可能となった。ただし、表示解像度は1280×720ピクセルと変わっていないので、過度な期待は禁物だ。また、画面の縁を細くしたことで、全体サイズは従来とほぼ同じだが画面サイズは5.5インチから7インチへと拡大。重量は約22g増加しているので、手に持った時に多少の違和感を覚えるかもしれな…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/07/11 11:30

新型Nintendo Switch、海外からは「がっかりした」という反応ばかりが目立つ理由とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

綱島「住みたい街160位」でも注目のワケ

今回は、2022年に新駅開業予定、東急東横線「綱...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真