日刊サイゾー トップ > 社会  > Googleの日本金融業界参入で何が変わる?

銀行オワコン!?「グーグルの日本金融業界参入」が真実なら私たちの暮らしで何が変わる?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

日本経済新聞が7月8日に報じた記事が波紋を広げている。それが「グーグルが日本の金融事業に本格参入する」というニュースだ。日経では、「グーグルが日本国内の送金アプリサービス「pring(プリン)」を提供する株式会社pringを200億~300億円で買収する方向」と報じているが、実はこの報道をグーグル側もpringの株主側も事実であると認めていない(2021年7月12日時点)。

果たしてGAFAの一角を担う巨大な黒船の日本来航は、現実のものとなるのだろうか…。そして現実となった場合、日本にはどのような影響がでるのだろうか。

グーグルが日本の金融に興味を示す?

「GAFAが日本の金融業界に参入したとき、どんな影響を及ぼすのか」については、日経の報道と同日にPRESIDENT Onlineが、ベンチャー企業投資家の山本康正氏の著書「銀行を淘汰する破壊的企業」の一部を再編集し掲載している。
 その記事によれば、「日本の各種金融機関サービスは、進化しなければテクノロジー企業によって淘汰される運命にある」「『銀行の窓口業務をする人』は全員クビになる」という。その理由として「今後金…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/07/14 09:30

銀行オワコン!?「グーグルの日本金融業界参入」が真実なら私たちの暮らしで何が変わる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の国葬に「れんほー!」

 今週のホットなニュース・トピックをピッ...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真