日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 声優企画がバラエティー界を席巻

『水曜日のダウンタウン』も! 声優企画がバラエティー界を席巻、テレ朝が一歩リード?

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

山寺宏一(アクロスエンタテインメント公式サイトより)

 日々変化しているバラエティー番組の世界。ここ数年は、声優を軸とした企画が増加している。

 7月13日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、「超人気声優が夢の競演 毒舌軍団の怒り爆発祭」として、竹達彩奈、山寺宏一、松本梨香、宮村優子ら、人気声優が多数登場した。また、同14日放送の『水曜日のダウンタウン』でも、「声を操るプロ声優ならモノマネも上手いはず説」として、森久保祥太郎、小野友樹、平田広明らの声優が登場し、モノマネ芸人のプロデュースのもと、歌マネを披露した。

「ちょっと前から、声優を出演させると熱心なファンがSNSで拡散してくれるということで、テレビ局内での声優需要が高まっています。そして『鬼滅の刃』が大ブームになったことで、その傾向が加速しました。以前であれば、たくさんのゲストのなかに1人か2人くらい声優が入っているというパターンが多かったんですが、最近は“声優オンリー”の企画も増えています」(制作会社スタッフ)

 深夜帯でも声優をメインキャストとしたバラエティー番組が急増中。テレビ朝日系『お願い!ランキング』では、芸人のネタに声優がアフレコする「声優×芸人」という企画を放送。同じくテレビ朝日では、声優の花澤香菜とハライチ岩井勇気がMCを務める『まんが未知』も放送されている。

 まさに、声優番組が増えているなか、バラエティー番組に携わる放送作家たちは、“声優を使うことができる企画”の提出が求められているという。

「バラエティー番組のスタッフは、基本的に声優を上手く使う方法を知らないことが多いんです。熱心なファンがいる分野でもあるし、それぞれの声優のイメージもあるわけで、若手芸人のように雑には扱えない。そういった状況のなかで、いかに声優を魅力的にバラエティーに落とし込んでいくかは、本当に難しく、多くの作家が悩んでいるところです。そういう意味では、『水曜日のダウンタウン』のモノマネ企画などは、テレビ的でもあるし、声優の能力の高さを見せることもできるし、すごい企画だったと思います」(放送作家)

 今後は、声優を上手く使えるテレビ局が生き残っていくとさえ言われている。

「早くから声優企画に積極的に取り組んでいるテレビ朝日は、一歩リードしているといった印象です。ゴールデンタイムで声優メインの番組を始める可能性も高いと思います」(前出・制作会社スタッフ)

 声優が、バラエティーの世界で芸人やアイドルたちの指定席を奪う日も、そう遠くはなさそうだ。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/07/17 13:00

『水曜日のダウンタウン』も! 声優企画がバラエティー界を席巻、テレ朝が一歩リード?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真