日刊サイゾー トップ > カルチャー  > ヒプマイ声優・駒田航、不倫疑惑

声優・駒田航、“渡部建”風な不倫疑惑 ファンの擁護は逆効果? 第2、第3の矢の可能性も

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

声優・駒田航、渡部建風な不倫疑惑 ファンの擁護は逆効果? 第2、第3の矢の可能性もの画像1
駒田航(株式会社81プロデュース公式サイトより)

 『ヒプノシスマイク』などでおなじみの人気声優・駒田航の不倫疑惑を女性週刊誌『週刊女性』2021年6月8日号(主婦と生活社)が報じた。

 記事によると、駒田は独身の頃から知り合いだった女性Aさんと、結婚後も会っていたとのこと。Aさんの自宅で“風俗代わり”と呼ぶべき行為に及んでいたというが、“最後”まではしなかったという。

「いわば、渡部建が多目的トイレで女性にさせていたことと似ていると言わざるを得ない。駒田本人は不倫行為はなかったと主張しているようですが、さすがに無理があります」(ベテラン芸能記者)

 今回の報道に対し、駒田のファンたちはSNSなどで擁護のコメントを寄せている。

「本人が不倫ではないと言っているということもあり、ファンとしてはその言葉を信じたいのでしょう。週刊誌に対して“デマを流すな”などとバッシングする動きもあります」(メディア関係者)

 しかし、そういったファンの動きが駒田を苦しめるという。

「そもそも駒田は声優としては人気者だけど、世間的な知名度は低い。にもかかわらず、ファンが騒ぐと逆に注目されてしまうわけです。放っておけばスルーされていたかもしれないのに、結果的に“不倫をした声優”というイメージが強まってしまいます」(同)

 さらに、芸能マスコミを挑発するような行為が、駒田のさらなるスキャンダルを掘り起こしかねない。

「『週刊女性』もしっかり証拠をつかんだうえで報じているわけで、それを“デマだ”なんて言われたら、黙っているわけにはいかないでしょう。それこそ、“第2の矢”“第3の矢”が飛んでくる可能性も高くなる。渡部だってたくさんの“余罪”が出てきましたからね。ファンが騒げば騒ぐほど、“報じる価値あり”となり、いろいろな悪事が暴かれてしまうんです」(同)

 味方であるはずのファンによって、さらなるピンチに追いやられる駒田。本当に駒田を応援したいのならば、下手に報道に反応せず、無視をするのがファンのすべきことなのだ。

「しょっちゅうスキャンダルが出てくるジャニーズなんかのファンは、そのあたりがうまく統率されているイメージ。ファン同士が連携して『スキャンダルの記事は読まないように』なんて注意して回る風紀委員会もいるみたいですよ(笑)。声優は、まだ最近芸能マスコミのターゲットになったばかりなので、ファンも上手く立ち回れないのかも」(同)

 声優のスキャンダルを阻止したいのであれば、ファンの意識改革も必要なのだ。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/05/31 07:00

声優・駒田航、“渡部建”風な不倫疑惑 ファンの擁護は逆効果? 第2、第3の矢の可能性ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

勢いと笑いのセンスをこなす

 連載の作品選びを自由にさせて頂いてから、人...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真