日刊サイゾー トップ > 社会  > セブン「設定ミスでした」で済まされるのか?

セブン、Twitterキャンペーン「設定ミスでした」で済まされるのか? またしても大やらかし?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

セブン-イレブン・ジャパンは7月15日、「Twitterキャンペーンに関するお詫びとお知らせ」と題したリリースを公開。「セブン-イレブンの日」のキャンペーンに伴い、ツイッターアカウントと連携するユーザーに対し過剰な権限を求める設定となっていたことについて謝罪した。原因について同社は「ツイッターから外部アプリへ求める権限を誤って設定していたため」と説明したが、こんなあり得ない設定ミスがスルーされてしまう開発陣がいるなんて、「セブン-イレブン、大丈夫?」と言いたくなる事態だ。

別の意味でツイッターで話題となってしまったセブン-イレブン

 同社によると「本来、ユーザーに求める権限は、一番権限の低い設定である『Read Only』で良かったところ、社内での確認が不十分であったため、意図せず一番権限の高い『Read, write and access Direct Messages』で設定をしてしまった」と経緯を話す。キャンペーンアプリの開発や設定は、同社のシステム開発部門が担当していたとのことだ。この設定が意図していたとしてもその理由の説明責任が発生するところだが、「意図せず設…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/07/21 16:30

セブン、Twitterキャンペーン「設定ミスでした」で済まされるのか? またしても大やらかし?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

菅義偉首相“五輪強行”の思惑は

今週の注目記事・第1位「台本11冊を入手、開...…
写真
インタビュー

俳優で監督・小川紗良の願い【インタビュー】

 海の向こう、アメリカのメジャーリーグではエンゼルス・大谷翔平の二刀流が話題だが、日...
写真