日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 岸井ゆきの『#家族募集します』の母親像に批判殺到?

注目女優・岸井ゆきの『#家族募集します』の母親像に批判殺到? 過去には熱演のあまりCM放送中止騒動も

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『#家族募集します』公式サイトより

 近年、実力派女優として注目され、数多くの作品に出演し、幅広い役柄をこなしている岸井ゆきの。7月16日に放送された『#家族募集します』の第2話に自由奔放なシングルマザー役で登場し、一部の視聴者からブーイングを集めるなど反響を呼んでいる。

 ジャニーズWESTの重岡大毅が妻を亡くしたばかりのシングルファーザー・赤城俊平の役で主演を務める『#家族募集します』。俊平の幼なじみでちょっとお節介な小山内蒼介(仲野太賀)がSNSで家族を募集し、集まったシングルマザーの桃田礼(木村文乃)、横瀬めいく(岸井ゆきの)とその子どもたちとひとつ屋根の下で“家族”になっていく、というホームドラマだ。

 岸井が演じるのは、6歳の息子を育てながら、シンガーソングライターへの夢を追い続けるシングルマザーのめいく。家族募集の投稿を見て、シェアハウスへ転がり込んできた。冷蔵庫を勝手に開けて飲み物を飲んだり、作ってもらったお好み焼きにマヨネーズとタバスコを大量にかけたり、その自由すぎる振る舞いに蒼介や礼たちは戸惑うばかり。さらに息子に「毎晩こうやってみんなでごはん食べれたら寂しくないね? もうママいなくていいじゃん!」と軽口を叩き、周囲を驚かせもしていた。そして翌日、誰にも告げずに息子を残して出かけてしまい、夜になっても戻らず大騒動に。結局、街中を探し回った俊平が駅前で歌っているめいくを見つけ出し、一緒にシェアハウスへ戻った。

 小さな子どもを持つシングルマザーが自分の夢を追うことに葛藤を抱いている姿が描かれたが、視聴者からは「黙っていなくなるのは良くないと思うよ。どう考えても。だからドラマの演出なのにめいくの行動にモヤモヤ」「めいくが子供のこと想ってる発言しても、だけどテメー子供置いていったじゃねーかとしか思えないわ」「ほとんど何も知りもしない他人のところによく子供を長時間放置できましたね。そんなんで子供のこととても大切!子供と離れられるわけない!的な描写されてもシラケちゃいます」など、モヤモヤしたとの声が多く上がっていた。

 育児中の母親が抱える責任は大きい。だからこそ、多くの母親が、「理想の母親像」「良い母親像」と現実のギャップに苦しみ、思い悩む。そしてその思いは周囲の母親にも向けられる。有名人の“母親らしからぬ”行動や、たとえドラマの設定であっても、自分を優先して子供を一番に考えない母親や無責任な母親に、しばしばネットやSNS上で批判の声が殺到するのはそのためだろう。何も言わずに子供を置き去りにした行動に共感はできないにしろ、現代の日本のそんなリアルな母親の息苦しさが、破天荒な母親像のめいくから垣間見れたような気がした第2話だった。

 めいくの母親像が物議を醸すこととなったのは、演じた岸井の演技力の高さがあったからこそ、でもある。2009年に女優デビューして以来、数多くのドラマや映画に出演してきた岸井。2019年に公開された主演映画『愛がなんだ』が高く評価され、ロングランヒットを記録したことも話題となったが、今回の件で思い出されるのが、2014年に出演した東京ガスのCM「家族の絆-母からのエール編」だ。

 岸井はこのCMで、なかなか内定をもらえない就活生の役を演じた。何社も落ち続ける中でようやく1社、最終面接まで進んだものの、これも不採用メールが届く。すっかり心が参ったところを母親から暖かく迎えられて思わず泣きじゃくる……という辛く切ないストーリーだった。しかしこのCMに「就職活動の辛さを思い起こさせる」などとして批判が殺到し、放送中止となってしまった。それもこれも岸井の演技がリアルすぎたために、多くの視聴者が感情移入してしまったがゆえだろう。

 『#家族募集します』は約1ヶ月のブランクを経て、8月13日に第3話を迎える。良くも悪くも視聴者の心を揺さぶる同ドラマ。SNSで集まった疑似家族らが、今後どう視聴者の感情を揺さぶってくれるのだろうか。岸井を始め、実力派揃いのキャスト陣の熱演に期待したい。

■番組情報
金曜ドラマ『#家族募集します』
TBS系毎週金曜22時~
出演:重岡大毅、木村文乃、仲野太賀、岸井ゆきの、金子大地、小松和重、福山翔大、丸山礼 、石橋蓮司、佐藤遙灯、宮崎莉里沙、三浦綺羅 ほか
脚本:マギー
演出:福田亮介、村尾嘉昭
プロデューサー:佐久間晃嗣、岩崎愛奈、那須田淳
主題歌:ジャニーズWEST「でっかい愛」(Johnny’s Entertainment Record)
製作:TBSスパークル、TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/kazokuboshuu_tbs/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2021/08/13 19:00

注目女優・岸井ゆきの『#家族募集します』の母親像に批判殺到? 過去には熱演のあまりCM放送中止騒動ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真