日刊サイゾー トップ > 社会  > 焼き鳥の人気部位ランキング、1位は?

焼き鳥の人気部位ランキング、5位「ハツ」4位「せせり」3位「砂肝」2位「ぼんじり」さて1位は?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

8月10日は、「や(8)きと(10)り」(焼き鳥)と読む語呂合わせから、焼き鳥の日とされている。暑い日にビール片手に食べる焼き鳥は最高の友だ。でも、俳句の世界では冬の季語。つまりは季節にかかわりなく楽しめる料理だということだろう。

この日にちなみ、「ねとらぼ」で子どもから大人まで幅広く愛されている焼き鳥の部位、16種類を対象とした人気投票が行われた。さて頂点の立ったのはどの部位だろう。

もはや国民食とも言えるほど、老若男女に愛される焼き鳥

炭火で焼いた焼き鳥は、ジューシーで旨味が口の中で溢れる

 焼き鳥は、日本に欠かせない食文化のひとつ。現在のようなスタイルの焼き鳥が誕生したのは江戸時代と言われているが、その頃は、高価なニワトリではなくキジの肉を使うことも多かったそうだ。戦後もまだニワトリは高級品だったが、昭和30年代にアメリカから安価なブロイラーが入ってくるようになると、鶏肉を串に刺して焼いた「焼き鳥」が大衆料理として浸透していった。この立役者が、浅草の料理店「鮒忠」の創業者である故・根本忠雄氏だ。焼き鳥を一般に広めたことから、「焼き鳥の父」と呼ばれている。

 また、焼き鳥を食す際、串にかぶりつくか串から外すか、またタ…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/08/16 09:30

焼き鳥の人気部位ランキング、5位「ハツ」4位「せせり」3位「砂肝」2位「ぼんじり」さて1位は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

綱島「住みたい街160位」でも注目のワケ

今回は、2022年に新駅開業予定、東急東横線「綱...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真