日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 山田裕貴、『ハコヅメ』を救った名演技

山田裕貴、ムロツヨシと渡り合う“笑い”の才能…視聴率下落の『ハコヅメ』を救った名演技

文=東海林かな(しょうじ・かな)

山田裕貴、ムロツヨシと渡り合う“笑い”の才能…視聴率下落の『ハコヅメ』を救った名演技の画像
『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』公式サイトより

 戸田恵梨香と永野芽郁のW主演、人気漫画が原作の水曜ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)。8月11日の放送は3話・4話の総集編と新撮ミニエピソードによる「特別編」となったが、ここで役者・山田裕貴(ゆうき)がいい仕事を見せた。

 このところの『ハコヅメ』は、東京オリンピックに加えて、永野の新型コロナ感染により8月4日と11日の放送を急きょ「特別編」に差し替えることになるなど試練が重なった。11日の世帯平均視聴率は8.8%(関東地区・ ビデオリサーチ調べ)となり、オリンピックが閉会したことで前週から2.4ポイント上げてきたものの、通常放送時に叩き出していた2桁台には及ばない。しかし近年のドラマは全話を通して視聴率1桁台、今回の『ハコヅメ』以下であることのほうが多い。それを思えば悪い数字ではないのだろう。

 特別編のなかで、『ハコヅメ』の持ち味であるテンポ感のよさを存分に発揮していたのが、伊賀崎秀一役のムロツヨシと山田武志役の山田裕貴による新撮エピソードだった。

 SNSでは「ムロさんがいきいきしてて漫才というかLIFE感がすごい」「もうLIFEにしか見えない」「ところでなんでムロさんと山田くんはLIFEやってるんだ(笑)」など、ムロが出演していた『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK総合)を連想したという視聴者の声であふれた。こうした指摘の通り、11日放送の新撮エピソードはほとんど交番を舞台にした「コント」だった。コメディアンであるムロの強みを生かしたものだが、その相方を務めたのが山田だったのだ。

 山田といえば、『ハコヅメ』では「山田役の山田です」とお茶目なノリの番宣が印象的だ。ここ最近は出演作が立て続いており、『ここは今から倫理です。』(NHK総合)の高柳役、『特捜9』シリーズの新藤亮役など、いずれも好演を見せている。先月放送された『LIFE!』にもゲスト出演しており、ムロとの共演こそなかったものの、ウッチャンナンチャンの南原清隆をモデルにした南村清太(なっちゃん)役を務めていた。ちなみにここで、牧高役で『ハコヅメ』に出演中の元乃木坂46・西野七瀬とも共演している。

 今回の特別編が放送された直後、山田の公式Instagramのフォロワー数が100万人を突破した。たくさんのお祝いメッセージが寄せられていたが、このタイミングでのフォロワー増加は『ハコヅメ』の演技が大いに評価されたということだろう。『LIFE!』出演時のインタビューで「芝居もコントも、自分が演じる役の人の気持ちを考えようと思うことは変わらない」と話すなど、演じることに対して真摯な姿勢も好ましい。

 役者として約10年のキャリアを積み重ね、シリアスもコミカルも我が物にしている山田が次世代を担う役者のひとりであることに間違いはない。ストーリーの核は骨太の警察モノながら、笑いがふんだんに盛り込まれた『ハコヅメ』は、役者・山田裕貴のポテンシャルを存分に楽しめるドラマなのだ。

■番組情報
水曜ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』
日本テレビ系毎週水曜22時~
出演:戸田恵梨香、永野芽郁、三浦翔平、山田裕貴、西野七瀬、平山祐介、千原せいじ、渕野右登、ムロツヨシ ほか
主題歌:milet「Ordinary days」(Sony Music Labels)
音楽:井筒昭雄
脚本:根本ノンジ
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:藤森真実、田上リサ(AX-ON)
協力プロデューサー:大平太
演出:南雲聖一、丸谷俊平、伊藤彰記
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/hakozume/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2021/08/18 12:00

山田裕貴、ムロツヨシと渡り合う“笑い”の才能…視聴率下落の『ハコヅメ』を救った名演技のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

小澤雄太が三谷幸喜からもらった金言

 昨年7月、コロナ禍のPARCO劇場再開第1弾作品として上映されたのが三谷幸喜作・演...
写真