日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 「メンタリズムやらせ疑惑」とテレビ業界の共犯関係

「メンタリズムやらせ疑惑」から見えた、ニセ能力者・経歴詐称者とテレビ業界の“共犯関係”

文=手山足実(てやま・あしみ)

「メンタリズムやらせ疑惑」から見えた、ニセ能力者・経歴詐称者とテレビ業界の共犯関係の画像1
メンタリストDaiGo YouTube動画より

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、ネット配信動画でメンタリストDaiGoの“メンタリズム”についての“やらせ疑惑”を暴露するも、その後、謝罪することとなった。

 淳は8月19日、YouTubeチャンネル『ロンブーチャンネル』でのライブ配信で、ホームレスや生活保護受給者に対して差別的な発言をしたDaiGoに言及。問題となっている発言について「支持できない」としたうえで、DaiGoの“心を読み解くパフォーマンス”のテレビ収録時に「マネジャーらしき人がDaiGoに合図を送っていた」と暴露したのだ。

 その後、同21日のライブ配信で淳は「確証がないのに、そのことについて触れたことは良くない」として謝罪するに至っている。

「淳さんは『確証がない』と話していますが、まあそうだよな、という反応が大半ですよ」

 と話すのは、バラエティー番組関係者だ。DaiGoのように“心理を読むパフォーマンス”は、
いわゆる霊視や超能力などと同様に、テレビ界ではしばしば問題視されることも多いという。

「DaiGoさんの話ということではなく、あくまで一般論ですが、“心理を読むパフォーマンス”の多くは、手品のようにタネがあり、それを知った上でオファーしている番組スタッフも多い。にもかかわらず、番組上であたかも“特殊な能力”があるかのように取り上げることについては、スタッフ間でも『これはよくないのでは』と話し合われることも多いです。霊視や超能力、占いなどもそうですが、不確かなものを“真実”として発信することは、視聴者を欺くことにもつながっていく。制作サイドは、この点をもっとしっかり考えていかなければならないと思います」(同)

“タネ”があるとわかっているのに、それをスルーして番組で紹介されるのは、メンタリスト、霊媒師、占い師だけではないという。

「たとえば、実態のよくわからないセレブやヒルズ族みたいな人がバラエティー番組に出てくることがありますが、実際にはセレブでも大金持ちでもない人も少なくありません。さらには、大金持ちであることをキャラにして、金儲け術の怪しげな情報商材を売っている人までいます。テレビでそういった人々を華々しく取り上げることは、詐欺まがいの商売の片棒を担いでいることにもなるんですよね。スタッフも、そういう事実を知っているのに、知らないふりしてテレビに出すわけですから、そりゃあ問題アリだと言わざるを得ませんよ」(同)

 偽りの能力、偽りの経歴で金儲けをする人々が、世間からの批判にさらされることもある。

「かつてはショーンKさんが、学歴を詐称していたことが発覚し、出演番組をすべて降板し、内定していたニュース番組のMCからも降りたことがありました。嘘をついているという意味では、怪しげな能力者も同じこと。テレビ局もそこをもっとしっかり理解する必要があるし、ただおもしろそう、話題になりそうというだけで簡単に食いつかず、特殊な能力や経歴がある人物については、ちゃんと身辺調査をするしかないと思いますね」(同)

 実際に、心霊番組や超能力番組はほとんどなくなっており、怪しげな能力がテレビの電波に乗る機会は減った。そして、その代わりに“心理を読むパフォーマンス”や偽セレブが登場したという形なのかもしれない。いずれにせよ、視聴者を欺くことのない番組制作が求められるのは間違いない。

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2021/08/26 09:00

「メンタリズムやらせ疑惑」から見えた、ニセ能力者・経歴詐称者とテレビ業界の“共犯関係”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真