日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『24時間テレビ』の断末魔!

『24時間テレビ』の断末魔! 『イッテQ』BBQ感染“隠ぺい”で強行も募金額激減、CMはACだらけ…

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

『24時間テレビ』の断末魔! 『イッテQ』BBQ感染隠ぺいで強行も募金額激減、CMはACだらけ…の画像1
日本テレビ『24時間テレビ44 想い~世界は、きっと変わる。』公式サイトより

 日本テレビの恒例チャリティー番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』が今年も8月21、22日に放送された。2020年に続きコロナ禍での強行突破となった今回も、メーン会場の東京・両国国技館は無観客で行われ、番組関係者は厳重な感染対策を迫られたようだが……。

「一人でも感染者が出たら、番組中止も辞さないと言われていただけに、出演者やスタッフは全員、事前のPCR検査に加え抗原検査を2日とも受けました。スタッフも当初の800人から450人ほどに減らされましたが結果、番組中の感染者は出なかったようです。とはいえ、8月21日に配信された『週刊女性PRIME』によれば、日テレの人気番組『世界の果てまでイッテQ!』のスタッフ約10人が先月末に都内でバーベキューを行い、しかもそのうち1人が発熱し、新型コロナ感染が明らかになったと報じています。この件に、日テレは『スタッフのプライベートに関してはお答えしておりません』と回答。世間からは“隠ぺい”したという印象を持たれています。その後も調査をしている気配はありませんから、もし今後『24時間テレビ』関係者からコロナ陽性者が出たとしても、報告しないのではないでしょうか」(テレビ関係者)

 さらに、チャリティー番組としての限界も見え始めてきている。

「今回はメインパーソナリティーをKing&Princeが務めましたが、全枠の世帯平均視聴率(関東地区)が12.0%で、全44回中、歴代29位タイ、個人平均視聴率は7.0%で、97年以降の25回中、22位と振るいませんでした。それ以上に日テレがショックを受けたのが募金額の少なさです。放送終了時点で発表された募金額は4億2102万9826円。昨年同時点では5億5200万5762円でしたから、24%以上も下落したことになる。20年の最終募金額は約8億6000万円。コロナ禍で日本全体が疲弊した状況とはいえ、局の上層部はジャニーズの人気NO.1グループのキンプリ効果で最低でも8億5000万円、あわよくば9億円超えとの皮算用をしていたようです。しかし、今の状況だと7億円にも届かないでしょう」(前出・テレビ関係者)

 日テレが批判を浴びながらも『24時間テレビ』を強行するのは、約20億円の広告収入が得られるから。しかし、ここでも目論見は大外れとなった可能性があるという。

「ゴールデンタイムに『ACジャパン』のプロモーションが数多く流れていたのが気になりました。これは広告の出稿を募ったものの、広告主が集まらなかった穴埋めとして流れたものと推測できます。『24時間テレビ』というチャリティー番組に協賛する企業が、著しく減少している証拠でしょう」(広告代理店関係者)

 この流れでは来年以降の番組継続が危ぶまれるが、日テレは募金額や広告収入の少なさも隠ぺいするのだろうか。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/08/29 19:00

『24時間テレビ』の断末魔! 『イッテQ』BBQ感染“隠ぺい”で強行も募金額激減、CMはACだらけ…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真