日刊サイゾー トップ > 社会  > 老後に住みたい都道府県ランキング、1位は?

老後に住みたい都道府県ランキング、5位「千葉県」4位「沖縄県」3位「神奈川県」2位「北海道」では1位は?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

野菜作り・釣り・山登りなど、仕事をしている時は限りある時間の中で楽しんでいた趣味を、好きな時間に好きなだけできるのが、現役リタイア後の老後の生活。そんな老後の生き方について、想像したことはあるだろうか。なかには、住む場所を変えようと思った人もいるかもしれない。

今回は、ねとらぼ調査隊がアンケートサイト「ボイスノート」協力のもと調べた「老後に住みたい都道府県ランキング」の結果を紹介しよう。

自然豊かな場所でゆっくり過ごしたい人にピッタリの3位、2位

北海道の雪景色に心惹かれる人もいるだろう

 第3位は、首都圏の一角を担う「神奈川県」。神奈川が人気の理由は、温泉地である箱根の存在が大きいとのこと。年齢を重ねると、どうしても体にガタがきたり、疲れがとれにくくなったりと、温泉でのんびりしたいという人が多いのだろう。また、温泉以外にも湘南や葉山でのマリンスポーツ、鎌倉や江ノ島での街歩きなど、いろいろな楽しみ方ある。交通の便も良く、東京をはじめ、あちこちに旅行することもできるだろう。

 第2位は、「北海道」がランクイン。北海道といえば、なんといっても新鮮な海の幸や山の幸が楽しめる食材の宝庫だ。食を求めて多くの観光客が訪…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/09/10 14:30

老後に住みたい都道府県ランキング、5位「千葉県」4位「沖縄県」3位「神奈川県」2位「北海道」では1位は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

マヂラブ「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」

「R-1ぐらんぷり2020」優勝、「M-1グランプリ2021」優勝、そして三冠をかけ...
写真