日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 阪神・佐藤輝に囁かれる懸念

阪神・佐藤輝に囁かれる「藤浪化」「高山化」の懸念

文=田井じゅん(たい・じゅん)

阪神・佐藤輝に囁かれる「藤浪化」「高山化」の懸念の画像1
阪神タイガース公式サイトより

 阪神のゴールデンルーキー・佐藤輝明が大スランプから一向に抜け出せない。連続打席ノーヒット記録は9月29日の広島戦で「54」まで伸び、野手の歴代最長記録を更新。かれこれ1カ月半もヒットが出ていないことになる。

 昨年のドラフトで4球団から1位指名を受け、地元・阪神に入団。前半戦だけで20本塁打を放ち、虎党を歓喜させた“サトテル”だが、チームが優勝争いをするなか、完全にお荷物と化してしまっている。

「佐藤は開幕から快調に飛ばしていましたが、前半戦だけで三振は121個。『あまりにも粗すぎる』という指摘は、『のびのび育てろ』という声にかき消されていましたが、8月以降の成績はひどすぎます。8月末から9月上旬の9試合では19打席で15三振と、ヒットどころかバットにも当たらない状態。矢野監督も流石に2軍降格を命じましたが、23日の1軍復帰以降も20打席ノーヒットで、ヒットが出そうな気配はまったくありません」(週刊誌運動担当記者)

 長いシーズンを戦えば、良い当たりが野手の正面に行ったり、苦手な投手との対戦が続いたりすることもあるが、いくらなんでも「54」は長すぎる。気の早い虎ファンの頭には、過去の悪夢がよぎり始めている。

「阪神は長らくドラフトの抽選に弱く、クジを外し続けてきましたが、2012年に藤浪晋太郎をクジで引き当てると、2015年も高山俊を引き当て、藤浪は高卒で10勝、高山は新人王と見事な成績を収めました。しかし藤浪は4年目以降、成績は急降下し、制球難という迷路に迷い込んだまま。高山に至っては、まともに活躍したのは1年目だけで、今やクビも囁かれるような状況です。

 これは阪神が抱える構造的な問題と言わざるを得ません。というのも、阪神は関西では絶対的な人気を誇る球団。注目度は並大抵ではなく、若手選手が調子を崩すと、監督はもちろんコーチまで批判の対象になるので、あれやこれやと指導して選手をこねくり回し、そこにOBや評論家まで加わって、一気にダメになってしまう例が後を絶ちません。過去には、高校時代に140km台の球を投げていたのに、フォームをいじられてメチャクチャになり、球速が120km台まで落ちて寂しく辞めていった選手もいます」(フリーの野球記者)

 ただ、過去の記録を紐解くと、あの名バッターたちも無安打の闇に落ち込んだ時期はある。

「シーズンの連続打席無安打記録は佐藤が更新しましたが、シーズンをまたいだものでは、ロッテの守備職人・岡田幸文の59打席無安打という記録があります。このほか、名球会入りを果たした荒木雅博(中日)は2016年に47打席無安打を記録しましたし、世界のHR王・王貞治は35打席無安打、安打製造機と呼ばれた張本勲は26打席無安打を経験。つい先日も丸佳浩(巨人)が25打席無安打でしたし、大谷翔平(エンゼルス)も昨年、20打席無安打のスランプにハマりました。

 これらの無安打記録を見ると、1本ヒットが出ると、憑き物が落ちたようにポンポンとヒットが打てるようになるもの。54打席ヒットが出なくても1軍で使ってもらえるのも大物の証拠でしょう」(スポーツジャーナリスト)

 いっそ“100打席連続無安打を目指す”くらいの図太さが大切かも?

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/10/01 11:00

阪神・佐藤輝に囁かれる「藤浪化」「高山化」の懸念のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真