日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 坂上忍「誹謗中傷記事は顔さらせ!」暴論

坂上忍、荒れ狂うヤフコメのコメント欄に「誹謗中傷記事は顔さらせ!」暴論

坂上忍、荒れ狂うヤフコメのコメント欄に「誹謗中傷記事は顔さらせ!」暴論の画像1
坂上忍

 7日放送のフジテレビ『バイキングMORE』では『Yahoo!ニュース』のコメント欄についての是非について議論。MCの坂上忍は「いらない!」と結論付けていた。

 番組では、Yahoo!が1日平均約2万件、全体の約6%の不適切コメントを削除してると報じた。また、同サイトは2日からコメント欄上部に「攻撃的なコメントを控えて」といった内容の注意書きを追加し、投稿者に協力を求めている。

 このコメント欄で、虚偽の内容を投稿した男性が名誉棄損で10万円の罰金となったケースが紹介されると坂上は、「罰金10万円っていったら辞めないような気がするな。こういう時は顔を晒せよと。それが一番嫌がるんだから、こういう人たちって」と匿名投稿に問題があると指摘した。

 さらに「2万件消されてる訳でしょ? みんな登録制にすればいいじゃん。写真と身元明かして。でオープンにしないんだよ。でも誹謗中傷の記事なんてAIが『ペペペペ』ってやったら自動的にその人の顔が『パンパンパン』って!出てくるような。そしたらビビるじゃん。『ちゃんとしなきゃ!』って」と身振り手振りで熱弁。現実的にできるかはわからないと言いつつも「こんなやりたい放題なことを放置しておいてダメだろってならない?」と怒りを見せた。

 匿名の良さもあると話していた清原博弁護士が「だから……」と反論しようとすると「弁護士として聞いてるんじゃない! 人として聞いてるんだ!」と声を荒げる場面もあった。

 しかし、ITジャーナリストの三上洋氏が「実名では荒れないってないんですよ。Facebookは実名顔出しなんですけど、あそこでも誹謗中傷、侮辱っていうのがすごいおきていて」と顔出し実名でも不適切なコメントが無くならないという実例を出すと坂上は「そうなの?!」と驚きの声を上げ、最終的に「僕はこうやって見ていったら、(コメント欄)もういらないと思いました。いらない!」と結論付た。

 そして「顔さらしたって、名前晒したって炎上するって言うんだったら、もういらないよ!」言い放った。

 だが、ネット上では「コメント欄どうこう言う前にアンタらどうなんや?」「ヤフコメもバイキングも同じレベルじゃんかー」「ヤフコメのコメントがいらないならワイドショーのコメンテーターもいらないよね」と、ワイドショーで出演者が一方的にコメントすることと、さして変わらないのではという突っ込みも入っていた。

 ヤフコメが注意書きを掲載したのは、秋篠宮眞子さまが結婚と複雑性PTSDを発表した次の日。眞子さまと小室圭氏の結婚に関してヤフコメで批判的な意見が多く集まっているが、それに同番組が無関係とも言い切れないのではないだろうか。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2021/10/08 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed