日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 石橋貴明プロデュースの美女ADに注目

とんねるず・石橋貴明がプロデュースする「27歳・美女AD」に大ブレイクの予感…

とんねるず・石橋貴明がプロデュースする「27歳・美女AD」に大ブレイクの予感…の画像1
ムニムニ(あやや)Twitterより

 とんねるず・石橋貴明による人気YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で10月7日に公開された動画が視聴者の間で話題となっている。

 ネットを沸かせているのは、石橋プロデュースのもと、27歳の女性AD・通称ムニムニがダイエットに励み、写真集デビューを目指すというもので、同チャンネルの人気企画の一つだ。

 冒頭から、「なーに、コマーシャルとか出てんの」と、プロデューサーのマッコイ斎藤氏が出演したパーソナルジム・ライザップのCMをイジり倒す石橋。お決まりのネタで動画がスタートしたのだが……。

「今回は、主役・ムニムニが激変したという神回だったんです。8カ月前に68.8キロから始まったダイエット企画ですが、ムニムニは仕事の合間に週5回ジムに通い、なんと60キロ台を切ることに成功。貴さんはこの結果に少し不満そうでしたが、視聴者からは、『1カ月に1キロ減らすのは、無理のないダイエットですばらしいと思います』『ムニムニ、痩せたらすごく綺麗になった!』『陰で努力してたのが伝わった。頑張れ!』と、応援コメントが殺到していますよ」(芸能ライター)

 石橋が“素人”をプロデュースした例といえば、20年ほど前、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の番組スタッフと結成した音楽ユニット「野猿」の大ヒットが思い出される。

「余談ですが、加藤浩次が北海道から上京してきた当時、テレビ番組の大道具のバイトもやっていて、『とんねるずのみなさんのおかげです』(同)の『仮面ノリダー』のちびっ子ハウスのセットを作ったりしていたそうです。そのため野猿に加入していた可能性もあったと本人も語っていました」(テレビ誌ライター)

 石橋は2019年、野猿のメインボーカル2人と「B Pressure」という3人組を結成し、シングル『Freeze』を発表。2020年にはアルバム『Green Light』も発売した。また、この2020年には『貴ちゃんねるず』をきっかけに演出家のマッコイ斉藤氏と「Ku-Wa de MOMPE(くわとモンペ)」も結成し、マッコイ氏の地元・山形にちなんだ歌詞や映像が盛り込まれた楽曲「Stranger to the city」を発表。同県の公式応援ソングになるなど、スタッフとの音楽活動は昔も今もお手の物だ。

 そんななか、今回の動画を観た業界関係者は、「今後、このADの写真集がバカ売れする可能性がある」とし、こう続ける。

「モーニング娘。など、たくさんのアイドルをイジり倒してブレイクさせた経験のある貴さんですが、20年ほど前には音声スタッフだった一般女性・通称CAをプロデュース。『野猿 feat. CA』という形でデビューさせると、この時のシングル『First impression』は野猿最大のヒットとなりました。CAは高い歌唱力を誇り、アイドル的な存在だったものの、当の本人に音楽活動への意欲はなく、その後のアルバムに参加したのみで姿を消しますが、いまだにファンから語り継がれるほど伝説的な人気を誇っています。貴さんのウデにかかれば、ムニムニのブレイクも夢ではありません」

 すでにSNSの総フォロワー数が6000人を超えているADムニムニ。これから石橋の手によって、どのように磨かれていくのだろうか。

与良天悟(芸能ライター)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

よらてんご

最終更新:2021/10/14 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed