日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 矢野監督退陣カウントダウンか

阪神・矢野監督退陣カウントダウンか 佐藤輝育てられず…

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

阪神・矢野監督退陣カウントダウンか 佐藤輝育てられず…の画像
写真/GettyImagesより

 勝負どころでとんでもない弱さを見せてしまったーー。

 プロ野球・阪神タイガースは、8日からの東京ヤクルトスワローズとの首位攻防戦で1勝2敗と負け越し、マジック点灯までさせてしまった。今年が契約最終年の矢野監督にとっては致命的な敗戦で、足元がぐらついている。

 毎度おなじみのシーズン終盤にやってくる大失速を肝心なところでやらかした。8日の第1戦は、当てにしていた高橋遥人投手が5回4失点と打ち込まれてしまい、打線も1得点しか取れずに負けた。第2戦は終盤に控え選手の勝ち越しタイムリーで逃げ切ったが、第3戦は球団記録にあと1つと迫る17残塁の拙攻。投手陣も先発したガンケルを3回で諦め、4回から小刻みに6人の投手をつぎ込んだが四球、死球を合わせて9個も与える体たらくで自滅した。ヤクルトの優勝マジックは9に減った。

 矢野監督は「原因はあるわな」「俺らは諦めるわけじゃない」と話したが、プロ野球OBは「もはや手遅れ。矢野監督の責任問題になる」と話した。

「今年は以前のようにロートル選手があまりおらず、若い選手を中心に戦っていたが、肝心なところは全て外国人選手頼みで以前と変わらなかった。シーズン前半はマルテ、サンズ、スアレスなどが思った以上に働いたので貯金を順調に増やしていたが、後半戦になると急降下。8日の試合は負けるとヤクルトにマジック点灯を許すことが分かっていたのにあっさり敗戦してしまった。これが矢野監督の3年間の集大成の結果です。大事な首位攻防戦でも継投はちぐはぐで打撃陣への作戦も見当たらない。それで『諦めるわけじゃない』と強がっても、周囲はうわの空で聴いているのが関の山です」(同)

 つまりは、肝心かなめの試合で勝てなければ全てが水の泡になってしまうということ。そのツケはすでに回ってきている。

「求心力が落ちましたね。チームが勝っていれば選手は嫌々でもついていかなければならないが、選手の起用を見ると責任を取りたがらない感じが滲み出ています。もはやセ・リーグ3位の巨人にも追い越させるくらいの酷い状況です」(同)

 途中までは独走でセ・リーグの優勝を決めると思われたが、用兵が下手なら勝つ試合も落としてしまう。ドラフト1位で期待の大きかった佐藤輝明選手さえ育てられない状況下では、クライマックスシリーズを勝ち抜くことさえ困難になるのは間違いないだろう。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/10/14 19:00

阪神・矢野監督退陣カウントダウンか 佐藤輝育てられず…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

令和喜多みな実・河野、関西若手漫才師の至宝

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真