日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 星野みなみ、“身内”マスコミへの不満

乃木坂46星野みなみ、熱愛報道で湧き出た“身内”マスコミへの不満

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

 乃木坂46星野みなみ、熱愛報道で湧き出た身内マスコミへの不満の画像1
乃木坂46公式サイトより

 人気アイドルグループ・乃木坂46の1期生の星野みなみの周囲が騒がしい。9月下旬にニュースサイト「文春オンライン」でお泊りデートが報じられたが、不満は意外なところに向いているという。

 星野がグループに所属した乃木坂46では最近になって卒業ラッシュが続いている。昨年、1期生の白石麻衣が卒業したのも記憶に新しいが、今年も3月に2期生の堀未央奈が抜けたのを皮切りに、7月には1期生の松村沙友里、9月に3期生の大園桃子と、いずれもグループを中心で支えてきたメンバーばかりが卒業。さらに、バラエティー番組やなどでも活躍する1期生、高山一実も卒業が決まっている。

 芸能関係者は、星野が今後もアイドルを続ける意思は薄いと言い、「ほかの1期生メンバーのように早く卒業し、次のステップに進みたいのが本音のようだ」と語る。23歳でデートすらできず、報道されるとすぐさま活動自粛ではあまりにも辛すぎる、と思うのが一般的かもしれないが、それ以上に彼女を悩ませていたのがマスコミへの不満だ。

「一部ファンの間では昔から噂されていたことですが、星野の身内がとある新聞社の幹部であることが最近、社内でもバレてきました。その親族は星野の活動に支障がでないよう、できるだけ彼女の存在を隠していたといいますが、バレてしまってはどうしようもない。ところが、星野本人はそんなことを知ってか知らずか『なぜ、あそこの新聞社だけひいき目どころか、忖度なしで報道するのか』とかなり不満を抱えているようなんです。今回の熱愛報道も、身内であれば庇ってあげたいと思うものでしょうが、どうにもならなかったというのが実情のようです」

 ちなみに、身内にタレントがいるメディア関係者は、その存在について周囲に言うか言わないかは「半々ってところだよ」と明かす。

「もちろん、応援してもらえることもありますし、仕事自体が上り調子なら後押しだってしてくれると思います。ただ、コンサートのチケットを取って欲しいとか、サインをせがまれるなど面倒なことも一気に増えてしまいます。一番問題なのは、彼女のようにスキャンダルが出た時ですよね。陰口を叩かれるだけで済めばいいのですが、露骨に嫌がらせをしてきたり、話題をそらす輩もいますから。天秤にかけて『存在を言わない』と選ぶ人は実際、多いと思います」

 星野からすれば、第三者から自身の活動に横やりを入れられるほど、苦しい思いをすることはないだろう。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2021/11/06 13:00

乃木坂46星野みなみ、熱愛報道で湧き出た“身内”マスコミへの不満のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真