日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『SUPER RICH』赤楚&町田パワーも限界?

江口のりこ主演『SUPER RICH』が低迷…赤楚衛二&町田啓太でも視聴者離れ止められず?

文=斉木順(さいき・じゅん)

江口のりこ主演『SUPER RICH』が低迷…赤楚衛二&町田啓太でも視聴者離れ止められず?の画像
ドラマ公式Twitterより

 江口のりこが主演するフジテレビ系「木曜劇場」枠の連続ドラマ『SUPER RICH』の評価が急降下している。ブレイク女優の江口をメインに据え、彼女を取り巻く男性キャストに赤楚衛二と町田啓太の“チェリまほコンビ”を起用したことで話題性は抜群だったが、回を追うごとに「思ってたのと違う」「ついていけない」といった視聴者の声が増加しているようだ。

 同ドラマは、ベンチャー企業の破天荒な女性社長・氷河衛(江口)を主人公に「幸せのカタチ=スーパーリッチ」を追い求めるキャリアウーマンの波乱万丈な半生を描くオリジナルストーリー。インターン採用試験をきっかけに衛と出会う一回り年下の専門学生・春野優を赤楚、衛の側近として“忠犬”のように彼女を支えている宮村空を町田が演じている。

 初回の世帯平均視聴率は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、以降も低空飛行ながら7%台をキープしていた『SUPER RICH』だが、第4話で6.7%まで低下。「新章に突入」と題した11日放送の第5話で7.0%と微増したが、とても楽観はできない状況だ。

 オリコンによる「ドラマ満足度調査」でも、初回こそ70ポイント(100ポイント満点)で7位とそれなりの滑り出しだったが、第2話は67ポイントと数字を落とし、第3話では早々にトップ10圏外に。10位は66ポイントのため、65ポイント以下に落ち込んでいると見られる。

 SNSでも回を重ねるごとにネガティブな感想が増えてきている。当初は「仮に視聴率が取れなくても視聴者の満足度やSNS人気は高そう」と予想されていたが、実際はそのいずれも厳しい状態となっているようだ。

「放送前は視聴者の期待感が今期ドラマの中でもとりわけ大きく、大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の国土交通大臣・白井亜希子役で一躍ブレイクした個性派女優の江口と、国内外で大反響となった純愛ドラマ『チェリまほ』こと『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)で人気に火がついた赤楚&町田の組み合わせで、どんな化学反応が生まれるのかというワクワク感があった。実際、初回の視聴率はさほど高くなかったものの、見逃し配信数は『木曜劇場』枠の歴代1位になるなど注目度の高さがうかがえました」(ドラマウォッチャー)

 それなのになぜ、評価が急降下してしまったのか。

「放送前から、SNSでは『お仕事ドラマとして期待できそう』『恋愛要素は少なめにしてほしい』といった声が多く上がっていました。実力派の江口が主演となれば視聴者は骨太のストーリーを期待するでしょうし、赤楚&町田のファンも彼らが女性をめぐって争うような展開はあまり見たくないでしょう。実際、最初はお仕事ドラマ的な物語だったのですが、第4話、第5話からラブストーリー色が強まり、衛、優、宮村の三角関係が話の中心になりつつある。5話途中でストーリーが『1年後』に飛ぶ急展開もありました。それに伴って、SNSでは『思ってたのと違うから切ってしまった』『次回はもういいかな』などと“脱落報告”が増加しています。熱心な赤楚&町田のファンですら『とりあえず見てるけど、つまらない』とこぼしている人がいるほど」(前出)

 実際、SNSで視聴者の感想を拾ってみると「このドラマに恋愛要素いらない」「お仕事ドラマとして観てたのに急に恋愛要素モリモリになって途中で消してしまった」「せっかく江口さんの主演なのに年下男子との三角関係とか必要?」「恋愛メインだとつまらない」といった、恋愛要素への拒絶感を示すような意見が目立っている。

「また、江口演じる衛は“愛に飢えた孤独な女社長”という役どころのはずが、パワハラで苦しんでいた宮村を自分の会社で働かせたりと優しい女性で、社員からも慕われている。松嶋菜々子演じるかつての上司もたびたび衛を気にかけており、『どこが愛に飢えた孤独な女社長なの?』といったツッコミも少なくない。そもそも、今作の“気鋭の女性社長、ポンコツ系の年下男子、女性社長をそばで支えてきた大人の男による三角関係”という設定は、前クールの同枠で低迷した『推しの王子様』と非常に似ていて、“ポンコツ男子が女性社長にフラれた後に時間が一気に飛ぶ”などの展開も『推しの王子様』にあったため、『既視感がある』という声も。制作側はこうした視聴者の声をしっかり受け止めたほうがいいかもしれません」(前出)

 江口は初のゴールデン・プライム帯のドラマ主演、人気急上昇中の赤楚&町田は『チェリまほ』以来の再共演ということで、3人にとって今作は今後の試金石となるはずだった。このまま低評価で終わってしまったら、3人の人気や勢いに水を差すことになりかねないが……。

「キャストの評価は高いものの、やはりストーリーそのものがつまらないという声が多い。このまま三角関係を軸にしたラブストーリーに舵を切っていくのか、それともお仕事ドラマとして軌道修正していくのかによって、今後の評価が大きく変わっていきそうです」(前出)

 「木曜劇場」枠は長らく低視聴率が続いており、期待感が大きかった今作までいまひとつという結果になってしまったら、来年1月期に同枠で放送される黒木華の主演ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』にも不安の影が忍び寄ることになる。そういった意味でも、これから『SUPER RICH』が評価を上げていけるのかどうか、注目が集まりそうだ。

斉木順(さいき・じゅん)

雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

最終更新:2021/11/18 15:51

江口のりこ主演『SUPER RICH』が低迷…赤楚衛二&町田啓太でも視聴者離れ止められず?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

Daichi Yamamoto「音楽や芸術は差別や分断をチャラにできる」

 2年前にリリースしたファーストアルバム『Andless』とは、着飾ったものを脱ぐと...
写真