日刊サイゾー トップ > エンタメ  > メンタリストDaiGo「あの時は酔っ払っていた」

ホームレス差別発言のDaiGo、「あの時は酔っ払っていた」で自ら騒動にトドメ

ホームレス差別発言のDaiGo、「あの時は酔っ払っていた」で自ら騒動にトドメの画像1
三崎優太 青汁王子YouTubeチャンネル

“馬脚を現す”とはまさにこのことなのか。今年8月、ホームレスに対する差別発言が大炎上したメンタリストのDaiGoが、“青汁王子”こと実業家の三崎優太氏のYouTubeチャンネルに出演。問題となった発言について釈明したが、その内容が再び物議を醸している。

 大騒ぎになった8月の差別発言は、「生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら猫を救ってほしい」「ホームレスの命はどうでもいい」といった内容。これが問題視されたことを受け、DaiGoはすぐに「無知が招いた失態だと反省している」と謝罪した。しかし、12月5日に公開された三崎氏との対談動画で、DaiGoはまず、当日はワインを大量に飲んでいて、酔っ払っていたことを告白。さらに「(発言の)ヤバい部分だけを切り取られた」とも説明した。これについて週刊誌編集者はいう。

「一度は謝罪したのに、『ヤバい部分だけを切り取られた』と言ったのは、本人は“やはり問題はなかった”と捉えているということ。酔っていたことが言い訳になると考えているふうにも見受けられますが、一般常識では、むしろ“酔って本音が出た”と見るのが自然です。人の心理を読み解くのが生業なのに、そんな簡単なことも分からないのか、というのが大多数の感想でしょう」(週刊誌編集者)

 実際、この発言に対し、ネットには、

「酒で本性が出たってことですね」
「酒のせいで本音が出ちゃったってこと?」
「酔ってたら何言っても許されるっことだよね」

 と、厳しい声が殺到。さらに「酒」についてはこんな証言もある。ウェブニュースライターはいう。

「DaiGoは、過去に自身のYouTubeチャンネルで『山口達也さんが何度もお酒で失敗してしまう理由を解説』『お酒で性格変わる人のヤバすぎる正体』といった動画を公開していて、“お酒っていうのは、その人の本来の性格を強化する”“お酒を飲んだことで暴言を吐いたり暴力を振るったり、卑劣な行為やしてはいけないことをしてしまうということは、その人が元々そのような素養を持っていたということ”と、酒と失敗の関連性について説明していましたよ」(ウェブニュースライター)

 飲酒によるトラブルは酒のせいではなく、元からの性格の問題だと言っている人間が、酒を言い訳にするとは理解し難いが、ハッキリ分かったのはDaiGoが地上波に復帰する目が消えたということだ。キー局関係者はいう。

「ホームレス差別発言はフォローのしようがなく、完全に“一発レッド”でしたが、きちんと謝罪したことや寄付を行ったことに加え、知名度の高さ、フォロワーの多さ、しゃべりの巧さなど、ポテンシャルの高さから、現場には復帰を期待する声もありました。心理ゲームは視聴率も良かったですしね。

 ただ、今回の動画を見ると、まるで自分が被害者であるかのような物言いで、ことの重大さを理解していないように思えます。これでは大手メディアは怖くて使いようがない。騒動の際には弟の松丸亮吾が“火消し”に走ってくれたのに、その苦労も完全に水の泡です」(キー局関係者)

 人の心は読めても、自分の心の内を覗くのは難しいのだろうか。

木村之男(芸能記者、TVウォッチャー)

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

きむら

最終更新:2021/12/11 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真