日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ムチャブリ!』ラスト5分の大逆転劇

『ムチャブリ!』視聴者が歓喜したラスト5分の大逆転劇! 「最高の最終回」の声も

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『ムチャブリ!』視聴者が歓喜したラスト5分の大逆転劇! 「最高の最終回」の声もの画像
ドラマ公式サイトより

 良い意味で視聴者が振り回され最後に裏切られた、良い最終回だった。

 3月16日、高畑充希主演の日本テレビ系水曜ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』の最終話が放送された。世帯平均視聴率は8.3%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)と、最後まで9%には届かない結果に終わったものの、第6話以降は連続で視聴率が上昇というかたちで幕を下ろすこととなった。

 いち会社員だった雛子(高畑充希)がカリスマ上司の浅海社長(松田翔太)のムチャブリで、ある日突然、子会社の社長に就任させられたことから始まったこの物語。生意気な部下・大牙(志尊淳)らとともに次々に降りかかるトラブルやムチャブリを乗り越えながら、浅海、大牙との交錯する恋愛模様とともに、雛子の成長していく姿が全10話を通じて描かれた。

 葛原(坪倉由幸)の暗躍により、浅海が社長退任に追い込まれた前話。第10話では、雛子が社長を務める子会社「リレーション・フーズ」の解散が決まり、雛子の家に居候していた浅海は雛子の元を去っていき、大牙からも雛子のことをもう諦めると告げられ、雛子は仕事も恋も失ってしまう。それでも、親会社の「リレーション・ゲート」から会社を買い取ろうと決意し、社員一同団結するのだが、その動きに感づいた葛原から売却先はすでに決まっていると告げられ、落ち込む一同。そこへ颯爽と現れたのは連絡が途絶えていた浅海だった。私財すべてを売り払って浅海はリレーション・ゲートの株式を買い集め、見事社長に返り咲くことに。おかげで雛子たちは絶体絶命の大ピンチを切り抜けることができたのだった。

 さらに雛子と浅海、大牙の三角関係にも大きな変化が。雛子たちを守るためだけに私財を投げ打ってまで戻ってきた浅海は、取り戻したばかりの社長の座をあっさりと退き、今度はアフリカに学校を建てに行くと言い出す。そして、雛子に一緒に来ないかと誘うのだった。迷う雛子に、大牙は「好きなように、自分のために生きてください」と背中を押すようなことを言いつつも、最後には「アフリカになんて行ってほしくないし、浅海社長にも渡したくねぇよ!」「俺はあなたが好きなんです」と本音をぶつける。雛子は悩んだ末、「社長を辞めるわけにはいきません」とアフリカ行きを断り、浅海からの最後のムチャブリとなる、本社リレーション・ゲートの社長就任に挑戦することなった。

 このまま雛子は仕事のみを選び、浅海も大牙も選ばないのかと思いきや……ラスト5分を切ったところで大きな動きが。雛子の社長就任会見の直前に2人でスピーチ原稿の打ち合わせをする雛子と大牙。ふと顔が近づいて、大牙は思わず雛子にキスをする。謝る大牙に雛子はキスを返し、じっと見つめて微笑み、会見へと向かう。浅海は雛子会見の様子を空港からスマホで見届け、そのままアフリカへと旅立っていった。

 いつも周りの人のために動いてきた雛子が、自分にとって一番大切なものを考え抜いて出した答え。雛子は、浅海のようなカリスマ性があって社員を引っ張っていくタイプの社長ではないが、人のために動ける人だからこそ、人を動かすことができる。リレーションゲートは雛子のもとで、きっとアットホームで温かい良い雰囲気の会社に生まれ変わることだろう。浅海は雛子との出会いから、他人と関わり、信じることができるようになり、新たな人生の挑戦へと向かう。大牙は想い続け、支えてきた雛子への想いが届き、今後は公私ともに良いパートナーとなることだろう。

 笑いあり涙ありキュンありで、週の真ん中の水曜日にふさわしい、明るく元気になれるお仕事ラブコメディだった。全体を通して視聴率こそあまり振わなかったが、SNSやネット上の反応を見る限り、視聴者の満足度は高かったように感じる。特に最終話は、多くの視聴者に応援されながらも大牙はやはり当て馬なのではと思われていたし、深山(山田真歩)の「人は選択肢を提示されるとそのどれかを選ぶものだと思いこむ。だけど、どれも選ばないという選択肢もある」という意味深なセリフもあり、雛子が浅海と大牙のどちらも選ばずに終わるパターンか……と思わせてのラストでの大逆転劇だったので、「最後のシーンが、ほんとに想像以上によかった」「最高の最終回でした」「日テレやるなぁ、、、TBS超えだわ」などと嬉しい大どんでん返しに喜ぶ声が溢れている。

 前クールで好評だった『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』に続き、胸キュン展開多めのラブコメ路線で視聴者の心を掴んだ日テレ水曜10時枠。次の春クールからはフジテレビが同じ時間帯に連続ドラマを復活させ、ライバルが増えることになるが、その前に『ムチャブリ!』で、大ヒットとまではいかなくても次へとつながる成功を収めることができたのではないだろうか。

■番組情報
水曜ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』
日本テレビ系毎週水曜22時~
出演:高畑充希、志尊淳、松田翔太、夏帆、優香、笠松将、山田真歩、坪倉由幸ほか
音楽:河野伸
主題歌:ENHYPEN「Always」(ユニバーサルミュージック)
脚本:渡邉真子
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:鈴木亜希乃、柳内久仁子(AX-ON)
演出:猪股隆一、狩山俊輔
制作協力:AX-ON
製作・著作:日本テレビ
公式サイト:ntv.co.jp/muchaburi

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/05/17 15:03

『ムチャブリ!』視聴者が歓喜したラスト5分の大逆転劇! 「最高の最終回」の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

次世代レスラー4人衆が抱く飽くなき野望

 サウナブームと言われて久しい昨今。健康改善やコミュニケーション活発化を期待して、い...
写真