日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ”期待外れ”『金田一少年』が同情されるワケ

なにわ男子・道枝『金田一少年』が”期待外れ”発進も…業界から同情の声が上がるワケ

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

なにわ男子・道枝『金田一少年』が”期待外れ”発進も…業界から同情の声が上がるワケの画像
ドラマ公式サイトより

 なにわ男子の道枝駿佑が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ『金田一少年の事件簿』が4月24日にスタートしたが、初回の世帯平均視聴率が7.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。日テレのドル箱シリーズの新作だけに、期待外れの結果と言えそうだが、道枝を擁護する声は根強いという。

 同名の人気マンガを原作とした『金田一少年の事件簿』は、KinKi Kids・堂本剛の主演で1995年に初めて実写化され、以降人気シリーズに。これまで主人公・金田一一(きんだいち・はじめ)はいずれもジャニーズのトップアイドルが演じており、”初代”以降も、嵐・松本潤、KAT-TUN・亀梨和也、Hey! Say! JUMP・山田涼介が務めてきた。当然、道枝にかかる期待も大きかったが……。

「堂本剛主演の初代は2シリーズとも全話平均で20%超えという大ヒットで、劇場版も製作されるなど一世を風靡しました。以降も、初代ほどではないが視聴率はまずまず好調で、日テレとジャニーズ事務所にとっては伝家の宝刀。昨年11月のデビューシングルが初日だけでハーフミリオンを達成するなど圧倒的な勢いを誇るなにわ男子のエース、道枝を主演に据えたこともあり、初回2ケタは期待していたはず。実際、日テレは局をあげて盛り上げようと、考えられる手はすべて尽くして盛り上げようとしてきました。道枝の番宣稼働は当たり前。『春の金田一祭り』として過去シリーズの再放送までしたのみならず、放送直前には、初代の堂本を引っ張り出して道枝と対談させる『金田一meets金田一』という企画まで用意。ただ、それでも結果は伴わず、初回7.8%という数字に局内が完全に凍り付きました。当たり前ですが、誰も積極的に話題に触れようとはしません」(日本テレビ関係者)

 過去シリーズを知る世代からは、やはりと言うべきか、初代の堂本版と比較したコメントがネット上に多く書き込まれている。

「堂本版では、決めゼリフの『じっちゃんの名にかけて!』を言う際にタメを作ったり、カメラワークや効果音で派手な演出となっていましたが、道枝版はさらっとした感じだったことに物足りなさを感じた人もいたようです。また、なにわ男子や道枝のことをよく知らない層からは、『イケメンすぎて違和感』『金田一はこんなにカッコよくない』との声も多く上がった。初代の堂本剛も十分イケメンだったが、原作の”非モテ”キャラを演技で絶妙に醸し出していた。しかし道枝版は、あまりにキラキラしてしまっており、イケメンオーラを隠せていないことで違和感を覚える人が続出したのでしょう」(テレビ誌ライター)

 もっとも、ドラマ制作会社関係者は、そもそも2ケタ発進を期待するほうが間違っていると指摘する。

「日テレの日曜ドラマは『今日から俺は!!』や『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』『あなたの番です』といったヒットも生んでいるが、2020年以降はひとケタも当たり前の枠になっており、特に昨年は『ボクの殺意が恋をした』が全話平均5.3%と、同枠の歴代ワースト記録を更新。『あな番』スタッフが再集結した『真犯人フラグ』も2クール放送して最終回になってようやく2ケタに乗ったというレベルで、全話平均7.7%だった。日テレのGP帯ドラマはどれも苦戦しているが、特に日曜ドラマは低迷が顕著。加えて、昨今のコンプライアンスなどの自粛規制もあり、意外とグロかったり残酷だった『金田一少年』も、演出やストーリー、美術面をかなり抑えた表現にしないといけないため、初代ファンの満足する出来を目指すのも難しそう。今回初めて『金田一少年』を観るような若い層にどれだけ食い込めるかが勝負だろう」

 5月1日に放送予定だった第2話は、4月23日に発生した知床観光船沈没事故を受けて急きょ放送延期となり、5月1日は堂本剛の初代金田一シリーズのエピソードが代わりに放送されるという。ますます偉大な先輩と比較されてしまうことになりそうな道枝は不運としか言いようがないが、演技力には定評があるだけに、五代目として新たな金田一像を築いてほしいものだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/05/01 13:00

なにわ男子・道枝『金田一少年』が”期待外れ”発進も…業界から同情の声が上がるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

『神カル』新型コロナに打ち勝つ“唯一の道”

「新型コロナウィルスを前代未聞の脅威たらしめている理由のひとつは、その『秘匿性』にあ...
写真