日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『マイファミリー』誘拐の悲しい真実に反響

『マイファミリー』濱田岳“東堂”が語る「地獄」…誘拐の真実がついに明らかに

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『マイファミリー』濱田岳“東堂”が語る「地獄」…誘拐の真実がついに明らかにの画像
ドラマ公式サイトより

 二宮和也主演のTBS系日曜劇場『マイファミリー』の第8話が、5月29日に放送された。第7話のラスト、東堂(濱田岳)による「俺が誘拐した」との衝撃の告白の直後から始まり、東堂が事の経緯を打ち明けるシーンで前半の30分を費やした。被害者が加害者になっていく苦しい胸の内に息を呑み、テレビの前から動けなくなった視聴者が多かったことだろう。

 温人(二宮和也)と未知留(多部未華子)の鳴沢夫婦の娘・友香(大島美優)にはじまり、ふたりの友人である三輪碧(賀来賢人)の娘・優月(山崎莉里那)、そして鳴沢夫婦のご近所さんで、温人が社長を務める「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社外取締役である阿久津晃(松本幸四郎)の娘・実咲(凛美)と誘拐されてきた一連の事件。しかし事の発端はやはり、5年前に起きた東堂の娘・心春(野澤しおり)の誘拐事件だった。

 当時刑事だった東堂は犯人との交渉に失敗し、心春は戻らないまま、犯人からの連絡は途絶える。しかも警察内部では東堂の妻・亜希(珠城りょう)による狂言誘拐まで疑われるようになり、東堂も思わず亜希を問いただしてしまう。追い詰められた亜希はある日、「探さないでください」とのメッセージを残して行方をくらました。警察はますます亜希を疑うが、刑事の妻が誘拐に加担していたことを公にできず、捜査本部は縮小されていき、迷宮入りもやむなしという空気が漂うように。そんな警察を見限り、東堂は退職して独自に捜査する道を選ぶ。

 しかし手がかりは皆無で、報道協定により事件のことも公にされない。焦った東堂は、自ら模倣犯となって、警察を動かそうと企んだ。そこで目を付けたのが、学生時代の友人で、ある程度行動が予想できる鳴沢夫妻だった。東堂は、亜希の妹でプログラマーの亜矢(藤間爽子)の協力を得、鈴間亜矢と名乗らせてハルカナに入社させる。そして鳴沢家について丹念に調査した後、友香の誘拐を実行。心春誘拐事件を忠実になぞらえ、警察の排除にも成功し、すべては東堂の思うとおりに進む。そして友香救出後に東堂がこの事件の暴露本を出版すると、ついに心春誘拐事件の犯人から5年ぶりに連絡が来る。だが、犯人は模倣犯となった東堂を利用し、三輪の娘・優月を誘拐するように命じる。心春の解放をチラつかされた東堂に断る選択肢はなかった。

 優月の救出も終わり、心春を取り戻すための合計10億円の身代金を手にした東堂だったが、犯人からの要求はまだ続く。理由は説明せず、鳴沢家の勝手口に1億円を置くよう指示。さらに、犯人は新たな誘拐をしたことを明かし、犯人の代わりに身代金を受け取る「受け子」を命じる。現場で初めて誘拐されているのが阿久津の娘・実咲であることを知る東堂。身代金のスーツケースにGPSが付けられていることに気づかず、追いかけてきた温人の背後をスタンガンで襲ったのも東堂だった。犯人にはまだ、GPSを付けられていたことや、鈴間の関与を温人に気づかれたことは知られていない。このまま“取り引き”を成立させ、すべての身代金さえ渡せば心春も実咲も戻ってくる。そう信じた東堂は、温人たちを騙したまま受け子を続け、さらに鈴間に「余計な真似は二度としないで」と釘を刺させたのだった。

 裏切られていたことが許せず、憤りをぶつける未知留と三輪。怒りを抑え、努めて冷静に事態を分析し、東堂に事情を説明させる温人。三人三様の反応が辛いシーンだった。東堂が「やる前から分かってたよ、地獄だって」「誘拐はもっとも卑劣な犯罪だよ……」と絞り出すような声で苦悩を口にしたシーンでは、「うぉおおおい! 酷すぎるだろ」「東堂も辛いって考えると憎めない」と視聴者からは同情や悲しみの声が相次いで上がった。

 「信じたい」という未知留の言葉を受け、温人たちは鈴間が待つ東堂の事務所に向かう。東堂のもとに犯人からの電話が鳴るが、温人たちの動きを怪しんだ警察が動き出しており、犯人は取り引きの中止を宣告する。なんとか食い下がる東堂に、今ある身代金と引き換えに人質を解放することを了承するが、「ただし、返すのは心春さんか実咲さん、どちらか一人だけです」と残酷な選択を迫る犯人。先ほど三輪に「もう5年だぞ。まだ(心春が)生きてるって本気で思ってるのか?」と怒りをぶつけられた東堂は、震えながら実咲を選ぶ。「三輪の言うとおりだ。心春ちゃんが……5年間も監禁されてるわけ……」「今は生きてる子どもを助ける」と涙を流しながら決断した東堂の姿を涙なしに見られなかった人も多かっただろう。

 それぞれの想いは内に秘め、実咲の救出に力を合わせることになった5人。しかし、その先にはさらに最悪の展開が待っていた……。

 東堂を演じる濱田岳は、TBS公式サイトのインタビューで「僕自身どこかやましさがあって、人の視線が怖くなってきました」「友果ちゃんと優月ちゃんを助け出すシーンは、すごくつらかったです。その後の東堂の行動を知っているからこそ、子供たちを救出したときも素直に喜べなかったり、目の前で友人夫婦が心を痛めている姿に簡単に『必ず帰ってくるから』と言えなかった。そんな毎日だったのでつらかったですね。苦しかったです」と答えており、被害者でもあり加害者でもある東堂という役柄をどう演じるか、難しかったことが窺える。しかし、第8話終盤の絶望的な展開は、さらに崖から突き落とされるような衝撃だった。ここから東堂は温人たちとどう関わっていくのか、いよいよ始まる”最終決戦”に目が離せない。

■番組情報
日曜ドラマ『マイファミリー』
TBS系毎週日曜21時~
出演:二宮和也、多部未華子、賀来賢人、高橋メアリージュン、迫田孝也、那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)、山田キヌヲ、渡辺邦斗、藤間爽子、松本幸四郎、富澤たけし(サンドウィッチマン)、大友康平、神野三鈴、大島美優、濱田岳、玉木宏
脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「それを愛と呼ぶなら」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
音楽:大間々昂
プロデューサー:飯田和孝、渡辺良介(大映テレビ)
スーパーバイジングプロデューサー:那須田淳
協力プロデューサー:大形美佑葵
演出:平野俊一、田中健太、宮崎陽平、富田和成
製作著作:TBS
公式サイト:tbs.co.jp/myfamily

〈関連記事〉
『マイファミリー』誘拐犯が判明! まさかの“裏切り”に視聴者の反応は…
『マイファミリー』それぞれの”家族”を守りたい気持ちが交錯…涙を誘った第7話
『マイファミリー』玉木宏の「葛城刑事」、異常なまでの執念が事件解決の鍵を握る?
今度の誘拐は2話で解決⁉ 『マイファミリー』のジェットコースター展開「秀逸すぎる」
一番期待のドラマは『マイファミリー』! 一番“ガッカリ”は… 春ドラマ序盤ランキング

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/06/06 07:55

『マイファミリー』濱田岳“東堂”が語る「地獄」…誘拐の真実がついに明らかにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真