日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > もはやグルメ旅な『元彼の遺言状』

運命の裁判が開廷! 『元彼の遺言状』大泉洋“篠田”は救われるのか?

文=東海林かな(しょうじ・かな)

運命の裁判が開廷! 『元彼の遺言状』大泉洋“篠田”は救われるのか?の画像
ドラマ公式サイトより

 物語のフィナーレに向けて動き出したフジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』の第10話が、6月13日に放送される。「篠田」こと本名・田中守(大泉洋)が殺人の容疑をかけられた6年前の「十ヶ浜強盗殺人事件」の無実を証明するため、第9話では弁護士の剣持麗子(綾瀬はるか)らが事件のあった十ヶ浜町で手がかりを探すも、不利な状況を覆す証言を得ることはできなかった。篠田はこのまま“殺人犯”として裁かれてしまうのだろうか?

 第10話の見どころは、麗子が「何かを隠している」と感じていた住民たちの言動や行動だろう。たとえば、事件現場のリストランテ「プロメッサ」で働く滝沢美月(成海璃子)は態度や証言のところどころに違和感がある。最初に麗子と篠田が店を訪れた際には、篠田を見るとなぜか目をそらし、篠田に声をかけられても無視していたのに、公民館で篠田が容疑者の田中守だと名乗った後に再訪した時は「田中さん!」と言って駆け寄るなど態度が一変。「6年前、私、すごくお世話になったんですよ」といい、強盗殺人事件よりも前に、急いでいる時に財布をなくしてしまい困っていたところを篠田がタクシー代を快く立て替えてくれたと明かし、感謝する。だが、なぜか篠田はまったく美月のことを記憶していない。しかも事件時、「店の外に出て寝てしまった」という篠田の主張に対し、当日、店の入り口で受付をしていたという美月は、篠田が店を出ていくところを見たのでは?と麗子に訊ねられても「覚えてない」と証言したのだった。

 また事件当時、店で遺体と血のついた凶器を発見した篠田は、店にかかってきた電話の主から「逃げろ。このままだとあんたが犯人にされるぞ」と半ば脅迫じみた形で逃走を指示され、それに従ったために6年間も逃亡生活を送る羽目になったのだが、その電話が店の裏にある診療所からかけられたものだと確信した麗子と篠田。それが亀田旅館の主人・亀田(勝矢)ではないかと疑った麗子たちが本人に訊ねると、亀田は「田中さん、これもあなたの作り話ですか? 『レストランの外に出た』という作り話と同じく」とやけに厳しい口調で否定して立ち去る。すると外にいた出入りの酒店店主・瀬戸(金井勇太)が麗子をなぜか見ているのだった。

 2人が十ヶ浜に滞在した最終日には、麗子が「何かを語りたがっている」と感じるなど大切な証人となる気配のあった医師・高瀬(東根作寿英)が遺体で発見されることとなる。その直前には、麗子と篠田から裁判での証言を求められ、深く思い悩むような描写もみられた。6年前の真実を明らかにしようとしたところで、なんらかのトラブルとなり、命を落としてしまった……という可能性も十分に考えられるだろう。

 第9話では、麗子はたびたび「良い弁護士は人の嘘と本当を見分けることができる」と発言している。これまでも依頼人との間での嘘を嫌い、時には嘘があったことを理由に大企業との大口案件をフイにしたこともあった。しかしこの事件では篠田に対して一度も「嘘をついてはいけない」と釘を刺していない。これは「篠田の主張には嘘がない」という確信の表れと言えるだろう。篠田の言い分が正しいとなれば、住民たちはなぜ・どんな嘘をついているのだろうか。

 公式ページの次回予告によれば、第10話では裁判で証言台に立つ美月がキーパーソンとなるようだ。篠田を逆転無罪に導く証言は出てくるのか注目していきたい。

■番組情報
月曜ドラマ『元彼の遺言状』
フジテレビ系毎週月曜21時~
出演:綾瀬はるか、大泉洋、生田斗真、関水渚、森カンナ、笛木優子、要潤、野間口徹、佐戸井けん太、笹野高史、萬田久子、浅野和之 ほか
原作:『元彼の遺言状』『剣持麗子のワンナイト推理』新川帆立(宝島社)
脚本:杉原憲明、小谷暢亮
音楽:川井憲次
プロデューサー:金城綾香、宮﨑暖
演出:鈴木雅之、澤田鎌作、西岡和宏
制作・著作:フジテレビ 第一制作部
公式サイト:fujitv.co.jp/motokare

〈関連記事〉
『元彼の遺言状』主要キャスト総動員で“最後の謎”篠田の過去に挑む?
『元彼の遺言状』緊張と緩和が絶妙! 麗子と篠田のやりとりに思わずクスッ
『元彼の遺言状』大泉洋演じる篠田、「僕は殺人犯」衝撃告白の真相は…
『元彼の遺言状』津々井先生のファン急増中! 綾瀬はるか“麗子”との共闘展開も?
大泉洋演じる篠田の謎がついに明らかに? 大きな変化を迎えそうな『元彼の遺言状』

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/06/13 19:00

運命の裁判が開廷! 『元彼の遺言状』大泉洋“篠田”は救われるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

高橋ヨシキ監督の長編デビュー作『激怒』

 誰もが暮らしやすい平和なユートピアを目指し...…
写真
インタビュー

”エロ”封印から役者としても開眼

――イジリーさんと言えば、「ベロを使った芸風...…
写真