日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 木村拓哉『BG』続編に現実味!?

『BG』続編に現実味!? 木村拓哉『みらてん』最終回13.1%で有終の美も評判は…

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

『BG』続編に現実味!? 木村拓哉『みらてん』最終回13.1%で有終の美も評判は…の画像
ドラマ公式サイトより

 木村拓哉が主演したテレビ朝日系連続ドラマ『未来への10カウント』の最終回が9日に放送され、世帯平均視聴率が13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。

 同作は木村にとって初挑戦となる学園スポーツドラマ。度重なる不幸により生きる希望を失った元アマチュアボクサーが、母校のボクシング部のコーチに就任したことをきっかけに再生していく物語が描かれた。

「テレ朝としては“キムタク新境地”開拓を狙った設定・ストーリーで、映画化もされた木村主演の大ヒット作『HERO』シリーズ(フジテレビ系)などを手掛けた脚本家・福田靖氏とタッグを組み、満島ひかり、内田有紀、柄本明、安田顕らが脇を固め、高視聴率を狙ったのだが……」(テレビ局関係者)

 初回は11.8%で好スタートを切ったが、徐々に視聴率がダウンし、第3話と第4話は9%台に突入。第5話で10%台に回復すると、以降は10%後半~11%前半で推移し、最終回は13.1%で有終の美を飾ったが、意外やあまり評判はよくないという。

「豪華キャスト、制作陣にもかかわらず、いまひとつおもしろくない。つまらないわけでもないのだが……。一番引っかかったのは、『青春スポーツ・エンターテインメント』と銘打っておきながら、青春っぽさが薄かった点。木村演じる主人公・桐沢の恋愛模様、内田有紀演じる校長の父親やボクシング部への複雑な想いなど、大人の事情の描写に多くが割かれており、一部の生徒以外は出番が少なく、加えて試合シーンもかなりダイジェスト。この手のドラマは、生徒役の成長こそ見どころのはずで、本作ならまともに指導も受けていなかった弱小ボクシング部が試合に勝てるかどうか、インターハイに出られるかどうかが最大の盛り上がりポイントなのに、かなり端折られてしまった。テレ朝の木曜21時のこの枠の視聴者年齢層を考えると、大人の物語を重視するのは理解できなくもないが、だったら学園ものである必要はあったのかということになる」(ドラマ・映画ライター)

 業界内でも評価はいまひとつのようだ。

「いわゆるコア視聴率はほぼ2%台で、世帯視聴率は5%台だがコア視聴率は3~4%台となる後輩の『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)にも負けている。オリコンが毎週発表している『ドラマ満足度ランキング』でも、『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(テレビ朝日系)『金田一』といった後輩のドラマはトップ10内に入るのに、『みらてん』は圏外。広告営業的な目線でいうと、『みらてん』はかなり厳しい結果にあったと言える。役柄もとても新境地とは言い難かった」(前出・テレビ局関係者)

 だが、今回のこの結果により、テレビ朝日としては思わぬ幸運も手に入りそうだ。

「テレ朝はもともと、木村主演で過去2作がいずれも高視聴率を記録した『BG~身辺警護人~』の続編をオファーしていたが、木村サイドは首を縦に振らなかった。あえて、新作に挑んだところ、あわやの事態に。ジャニーズ側もかなり焦っていたようなので、次は“冒険”は避けるのでは。となると、『BG』の続編、さらに、その先にある劇場版のオファーを受けるしか選択肢はないだろう」(同)

 織田信長役で主演をつとめる大手映画会社・東映の70周年記念作品の公開を控える木村だが、どうやら、まだまだ主演作のオファーは絶えないようだ。

〈関連記事〉
木村拓哉ネットCMで“持っていない”男…出演作の再生回数厳しい数字
視聴率低迷の『金田一』が先輩・木村拓哉の『みらてん』より「成功」と言えるワケ
木村拓哉『未来への10カウント』は「すごく面白くはない」そこそこドラマ
木村拓哉『未来への10カウント』の苦戦――テレビの“限界”迎えて配信ドラマ進出が加速する?
木村拓哉の新ドラマ「初回ワースト視聴率」記録もメディアは無理やりヨイショ! 反響を呼んだ場面は皮肉にも…

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/06/14 12:00

『BG』続編に現実味!? 木村拓哉『みらてん』最終回13.1%で有終の美も評判は…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真