日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 細田議長「お咎めなし」自民党のダブスタ

“パパ活”吉川議員は離党でも…細田議長は「お咎めなし」自民党のダブスタ

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

“パパ活”吉川議員は離党でも…細田議長は「お咎めなし」自民党のダブスタの画像
細田博之(写真/Getty Imagesより)

 6月10日発売の「週刊ポスト」(小学館)に、18歳女性との”パパ活飲酒”を報じられた吉川赳衆院議員。吉川氏は同日、自民党を離党したが、党内からは議員辞職すべしとの声が上がっており、それも時間の問題と見られている。

 報道を簡単におさらいしておくと、吉川氏は5月27日、高級焼き肉店で女性と食事。「学生だよね? 俺、18歳に興味あるわ」と言いながら酒を呑ませた。さらにお台場の高級ホテルで1時間半ほど滞在。女性は「週刊ポスト」の直撃に4万円をもらった事を認めた――との内容。

 週刊誌デスクがこう読み解く。

「吉川氏は当選3期ながら、細野豪志氏相手に全敗し、すべて比例復活当選。これといった実績はない一方、若手の頃から、合コン好きで知られていた。ポストは『岸田派のホープ』と書いていますが、おちょくっているだけです(笑)。こんな“小物”議員を週刊誌がマークするわけもなく、おそらく被害者女性の周囲からのタレコミでしょう。まあ、それほど女性からしたらキモかった、ムカついた、というわけでしょうね」

 「週刊ポスト」は現場写真を押さえ、吉川氏はぐうの音も出なかったのだが、それにしてもパパ活で議員辞職とは前代未聞だ。

「2019年には、自民党の小里泰弘衆院議員が女子大生と愛人契約をし、合計1000万円ほど貢いでいたことを『週刊新潮』(新潮社)がスッパ抜きましたが、それでもお咎めはなかった。2021年、緊急事態宣言下で銀座のクラブを訪問した松本純・元国家公安委員長は離党どまり。確かに吉川氏は未成年に飲酒を強要したのは問題ですが、報道ベースに過ぎず、身内に甘い自民党がここまで反応するのは異常です」(政治部デスク)

 その理由は、言うまでもなく参院選を控えているからだ。

 吉川氏に議席返上を求める口火を切ったのは、世耕弘成・参院自民党幹事長。安倍元首相の側近で、安倍派(清和会)の参院議員会長も務めるだけに、政局臭も漂ってくる。

「表向き、参院選を仕切る立場として強い態度で臨んだわけですが、岸田首相、岸田派潰しでしょう。世耕氏は、片山さつき氏を安倍派に入れたり、東京選挙区で生稲晃子を擁立するなど、派閥拡大に余念がない。いずれ衆院に鞍替えし、総理を狙おうとしているため、存在感を出そうとしているのです」(同前)

 さらに、あるスキャンダルをウヤムヤにする狙いもあると見られる。「週刊文春」(文藝春秋)が先月から立て続けに報じてきた、政治部記者に対する細田博之衆院議長のセクハラ問題だ。

 細田氏は昨年11月に議長に就任したことで自民党を離党したが、それまでは清和会を率いていた。

「世耕氏はもちろんのこと、党内からも細田氏を攻撃する声は驚くほど上がらなかった。最大派閥への配慮でしょう。世間から身内には甘い党と見られていたところに、いい”カモ”が見つかったというわけです。ダブルスタンダードも甚だしい」(同前)

 吉川氏をめぐる対応は、弱い者には強く出る自民党の体質が露呈したと言える。

〈関連記事〉
細田衆院議長“セクハラ”報道に政治部女性記者がダンマリのワケ
細田衆院議長「2人きりで会いたい♡」女性記者へのセクハラ疑惑と新聞社の“他人事”
岸田内閣、中露の脅威や新型コロナで支持率最低…人気取り法案「経済安全保障」延命なるか
駐日米大使「私は控えめな性格ではない」沖縄に新型中距離弾道ミサイル配備現実味
公明党の遠山議員辞職で“銀座クラブ辞任ドミノ”が発生! 国会議員たちはタレコミに戦々恐々

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2022/06/17 07:00

“パパ活”吉川議員は離党でも…細田議長は「お咎めなし」自民党のダブスタのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真